こんにちは!勝山公民館です。先日「小学生米粉クッキング教室」がありました。

「米粉」・・・最近何かと耳にしませんか?米粉とは言葉のとおり「お米の粉」です。お米の消費量が減っている中、米粉を使ったお料理を紹介するなどしてお米の消費拡大や地産地消につなげようと活動している「おにぎりの会」さん(かわいいネーミングですよね☆)に沢山のお料理を教わりました。

 みんなでコロコロ団子を丸め、あんこやエゴマを付けました。米粉は最近開発されたものではなく、昔からだんごやかしわもちなどに身近に使われていたんですね!

ちびっこもテキパキと作業を続けます。団子のこの感触・・くせになる?!

チヂミの生地として米粉を使いました。小麦粉で作るより粉っぽくなく、モチモチ感があって冷めても美味しかったですよ。材料はニラ以外にも勝山水菜やネギなど、季節野菜を使っても美味しいそうです。

黒豆ごはんは初めて食べました。炊きあがりはお豆のいい香りがしてますますお腹が空いてきます。お酢を入れて味を調えます。

出来た!すごいボリューム・・食べ切れるかな~☆

米粉の特徴は「なんといっても美味しい!」 「調理が簡単」 「低カロリーで嬉しい」などいっぱいです。おにぎりの会さんが編集委員として作成した冊子 「米粉レシピ集」 を発行元の福井県奥越農林総合事務所さんから頂きました。冊子はまだありますので、興味のある方は勝山公民館までお越しください。もちろん無料です☆