キーンと冷えた冬の朝(2月28日)おしょれに出かけました。

今日はなわとび大会があるためホールでなわとびの練習をしていた子供達に

「外においでよ。ズックのままで大丈夫よ」と声をかけると

内ズックのまま、なわとびを持ったまま外に飛び出してきました。

「気持ちいい」「雪の上でなわとびができるよ」「アドベンチャーだなぁ」

青空の下、おしょれにのって=雪上散歩=遊ぶ子供たちからはたくさんのつぶやきがとびだしました。

「氷のお茶椀だよ」「氷のお盆もある」「氷の箱もあるよ」「つめたーい」

あまりの楽しさに冷たさを感じたのはずーと後になってから・・・だったようです。