メニューをスキップする
ホーム > 福祉 > 子育て支援 > 子ども医療費助成制度

子ども医療費助成制度

掲載日:2012年4月1日(日) 印刷

子どもの健やかな育ちを支援するため、平成24年4月1日から、子ども医療費助成制度の改正を行いました。

 

子ども医療費助成制度は、子どもが生まれた日または転入した日から満15歳に達した最初の3月31日まで(中学校修了まで)に医療機関、処方箋を伴う薬を薬局でもらったときなどに支払った医療費の一部負担金(保険適用分のみ)を助成するものです。

  

対象

勝山市に住所を有する中学校修了までの子ども

 

適用年月日

平成24年4月1日診療分から

 

手続き

 出生届または転入届を提出する時に、市民課または福祉・児童課で、子ども医療費受給者証交付申請書を提出してください。

[手続きに必要なもの]
・印鑑

・保護者の預金通帳

・保険証
  出生の場合・・・生まれた子どもの加入予定の保険証

  転入の場合・・・対象となる子ども全員の加入保険証
 

後日、「勝山市子ども医療費受給者証」を送付します。

 

助成方法

 病院の窓口で、勝山市子ども医療費受給者証を提示し、医療費の一部負担金をお支払い下さい。後日、口座振込みで一部負担金が返還されます。(ただし、年齢に応じて下表のとおり自己負担金がありますので、返還されない場合もあります。)なお、処方箋を伴うお薬を病院外の薬局でもらう時も勝山市子ども医療費受給者証を提示してください。(助成金の口座への振込みは受診月の約2か月後となります。)

 

気をつけていただきたいこと

  1. 医療点数に基づいて助成を行いますので、医療機関窓口で支払った額と多少差異が生じることがありますが、ご了承下さい。
  2. 加入保険機関から附加給付の支払いがある場合は、その額を控除して支払われます。
  3. 高額療養費制度の対象となる場合は、高額療養費限度額相当分が対象となります。それ以外の医療費自己負担金は各自で加入保険へ請求してください(領収書が必要となります) 。高額医療・高額介護合算療養費の支給対象になる場合には、子ども医療費から支給させていただいた助成金を返還していただくことがありますので、ご了承ください。
  4. 県外の医療機関の受診や補装具等の請求は、保険点数、支払金額が記入してある領収書と印鑑を持参し、福祉・児童課にある助成申請書で早めに申請してください。 受診から1年を経過したときは、時効になります。
  5. 学校管理下における事故、負傷等により日本スポーツ振興センター等の給付の対象となる場合は、その給付が優先され、子ども医療費からの支給はありません。二重給付による返還を避けるためにも、必ず福祉・児童課へご連絡ください。

 

自己負担金

 保護者の所得制限はありませんが、子どもの年齢に応じて自己負担がかかります。

区分 1医療機関あたりの自己負担分の額
就学前の乳幼児 満6歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある子ども なし

小学生

中学生

満6歳に達する日以後の最初の3月31日の翌日から満15歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある子ども 入院の場合 1日につき500円(ただし、1か月につき4,000円を限度とする。)
入院以外の場合 1か月につき500円(ただし、1か月の一部負担金が500円に満たない額のときは、当該額とする。)

※平成24年3月31日診療分までの中学生の自己負担は1万円としていました。平成24年4月1日診療分から、上記表の通りとなります。

 

お願い

1.登録された住所、氏名、加入保険等に変更があった場合は必ず受給資格内容変更届を提出してください。

2.市外へ転出される時、有効期限が切れた時は受給者証をお返しください。

子ども医療受給者証交付申請書

お問い合わせ先

健康福祉部
福祉・児童課

  • 電話番号
    0779-87-0777

  • FAX番号
    0779-87-3522

  • 住所
    〒911-0035
    勝山市郡町1丁目1-50
    福祉健康センター「すこやか」内

お問い合わせメールフォーム