メニューをスキップする
ホーム > 健康・保険 > 母子保健(健診・予防接種等) > 「不育症」をご存じですか?

「不育症」をご存じですか?

掲載日:2013年3月4日(月) 印刷

◎不育症をご存じですか?

 妊娠はするけれど、流産・死産・新生児死亡などを繰り返して、結果的に赤ちゃんを持てない場合を「不育症」と呼びます。一般的には2回連続した流産・死産があれば不育症と診断され、原因を調べます。また、1人目を正常に出産しても、2人目・3人目が続けて流産や死産になった場合も不育症の可能性があり、治療が必要となる場合もあります。

 

◎不育症の原因は?

 不育症の方の約半数は原因不明ですが、最近の研究により不育症と深く関わる原因がわかってきました。

 (1)夫婦いずれかの染色体異常  (2)子宮形態異常  (3)甲状腺異常

 (4)抗リン脂質抗体陽性  (5)凝固因子異常  など

 

    詳しくは厚生労働省研究班ホームページをご覧ください.

 

◎不育症の相談窓口

 不育症についてはまだまだ認知度が低く、専門としている病院や産婦人科医も少ない現状です。

 どんな検査や治療があるのか、どこで診てもらえるのかなどまずはご相談ください。

 

 《女性の相談窓口》

  設置場所:福井県看護協会2階相談室(福井市北四ツ居町601)

  相談費用:無料

  ☆電話相談☆  専用ダイヤル:0776-54-0080

    日時:毎週月・水曜日 13:30~15:30

        毎週金曜日   11:00~13:00

        ※助産師が対応します。水曜日は面接相談(要予約)もあります。

    

                                       

 

お問い合わせ先

健康福祉部
健康長寿課

  • 電話番号
    0779-87-0888

  • FAX番号
    0779-87-3522

  • 住所
    〒911-0035
    勝山市郡町1丁目1-50
    福祉健康センター「すこやか」内

お問い合わせメールフォーム