メニューをスキップする
ホーム > 住まい・環境 > ごみ・リサイクル > 家電リサイクル法対象機器の適正処理

家電リサイクル法対象機器の適正処理

掲載日:2010年2月23日(火) 印刷

平成13年4月に特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)が実施され、エアコン、テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機はリサイクルすることが義務付けられています。(平成21年4月からは施行令の一部改正により液晶式テレビ、プラズマ式テレビ、衣類乾燥機が対象機器に追加されました。)

そのため、これらの機器は市での収集及びビュークリーンおくえつで処理できないため、廃棄処分する際には、下記の方法で行うことになります。

 

 リサイクル義務化商品

  • エアコン
  • テレビ
  • 冷蔵庫
  • 冷凍庫
  • 洗濯機
  • 液晶式テレビ
  • プラズマ式テレビ
  • 衣類乾燥機

 

 リサイクル義務化商品を処理する場合

販売店・家電リサイクル法対象機器の収集運搬許可業者に依頼する、指定取引場所へ直接持ち込んで再商品化することとなります。

 

 関連リンク

 

家電リサイクル法の概要

お問い合わせ先

市民生活部
市民課

  • 電話番号
    ○市民グループ・国保年金グループ
    0779-88-8102
    ○市民相談室
    0779-88-8103
    ○生活環境グループ(不法投棄110番)
    0779-88-8104

  • FAX番号
    0779-88-3856

    ○生活環境グループ
    0779-88-1119

  • 住所
    〒911-8501
    福井県勝山市元町1丁目1番1号
    市役所1階

お問い合わせメールフォーム