メニューをスキップする
ホーム > 健康・保険 > 介護保険 > 在宅で利用できるサービス

在宅で利用できるサービス

掲載日:2016年6月27日(月) 印刷

「要支援」以上に認定された方が利用できます。

 

■訪問介護(ホームヘルプサービス)
 ホームヘルパーなどが家庭を訪問し、食事、入浴、排泄の介助や、日常生活の手助けを行います。早朝や夜間に短時間の介助をする「巡回型」もあります。

 

■訪問入浴介護
 寝たきりのお年寄りなどの家庭を、入浴設備や簡易浴槽を積んだ移動入浴車などで訪問し、入浴の介助を行います。

 

■訪問看護
 訪問看護ステーションなどの看護師、保健師などが家庭を訪問して、主治医と連絡をとりながら、病状を観察したり床ずれの手当などを行います。

 

■訪問リハビリテーション
 理学療法士や作業療法士などが家庭を訪問して、リハビリテーションを行います。

 

■通所介護(デイサービス)
 デイサービスセンター(日帰り介護施設)などに通い、食事、入浴の提供や、日常動作訓練、レクリエーションなどが受けられます。

 

■通所リハビリテーション(デイケア)
 医療施設や介護老人保健施設などに通い、理学療法士や作業療法士によるリハビリテーションなどが受けられます。

 

■福祉用具の貸与
 車いすやベッドなどの福祉用具を貸し出します。
<対象となる用具>
○特殊寝台 ○特殊寝台付属品(マットレスなど) ○床ずれ予防用具(エアーマットなど) ○痴呆性老人徘徊感知機能器 ○車いす ○車いす付属品 ○手すり ○歩行器 ○体位変換機 ○移動用リフト ○スロープ ○歩行補助つえ ○立ち上がり補助いす ○六輪歩行器 ○入浴用リフト ○スライディングボード ○段差解消機

 

■短期入所生活介護/短期入所療養介護(ショートステイ)
 短期間施設に宿泊しながら介護や機能訓練などを受けることができます。
 日常生活上の介護を受ける「生活介護」と医療上のケアを含む介護を受ける「療養介護」の2種類があります。

 

■居宅療養管理指導
 医師、歯科医師、薬剤師などが家庭を訪問して、医学的な管理や指導を行います。

 

■特定施設入所者生活介護
 有料老人ホームなどに入所しているお年寄りも、必要な介護サービスを介護保険から受けられます。

 

■福祉用具購入費の支給
 排泄や入浴に使われる用具の購入費を支給します。要介護度にかかわらず、利用できる上限額は1年間につき10万円です。
<対象となる用具>
○腰掛便座
○移動用リフトのつり具
○入浴補助用具(シャワーチェアなど)
○特殊尿器(ポータブルトイレなど)
○簡易浴槽

※指定を受けた特定福祉用具販売店での購入のみ対象となります。ケアマネジャーにご相談くださ  い。

受領委任払についてはこちら

 

■住宅改修費の支給
 家庭で手すりの取り付けや段差の解消などの小規模な改修の費用を支給します。要介護度にかかわらず、利用できる上限額は20万円です。
<対象となる住宅改修>
○廊下や階段、浴室への手すり設置
○段差解消のためのスロープ設置
○滑り防止のための床材変更
○引き戸への扉の取り替え
○洋式便器への取り替えなどの小規模な改修

※住宅改修前の事前申請が必要となります。ケアマネジャーにご相談ください。

受領委任払についてはこちら

 

福祉用具購入費と住宅改修費については、いったん全額が自己負担となります。領収書などを添えて市健康長寿課に申請すると、保険給付分(9割)があとから支給されます。

 

福祉用具購入費・住宅改修費 申請関係書類(償還払)

お問い合わせ先

健康福祉部
健康長寿課

  • 電話番号
    0779-87-0888

  • FAX番号
    0779-87-3522

  • 住所
    〒911-0035
    勝山市郡町1丁目1-50
    福祉健康センター「すこやか」内

お問い合わせメールフォーム