メニューをスキップする
ホーム > 福祉 > 障害者支援 > 「障害者差別解消法」の施行について

「障害者差別解消法」の施行について

掲載日:2016年3月3日(木) 印刷

  平成28年4月1日より「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律

(障害者差別解消法)」が施行されました。

この法律は国の行政機関や地方公共団体等、民間事業者による「障害を理由と

する差別」を禁止します。

 

 

この法律でいう「障害者」とは?

 

・身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を所持している方

 

・難病等、障害及び社会的障壁による日常生活に相当な制限を受ける方

 ※必ずしも障害者手帳の所持者に限りません。

 

「障害を理由とする差別」とは?

 

 大きく2つに分けられます。

 

不当な差別的取扱いをすること

 正当な理由なく、障害を理由として障害者の権利や利益を侵害すること。

 

 (例)障害をあることを理由に、サービスの提供や入店を拒否してはいけません。

 

「合理的な配慮」を行わないこと

 「合理的な配慮」とは、

 ①障害のある方から意思の表明があったとき、

 ②障壁の除去を行う者にとって過重な負担でないとき、

 社会的障壁を除去する工夫をすることです。

 

 (例)聴覚障害がある方に対しては、音声情報だけでなく、文字情報も提供しましょう。

 

 ※合理的配慮のその他の具体例については、下記のホームページをご参照ください。

      合理的配慮等具体例データ集「合理的配慮サーチ」(内閣府)

      www8.cao.go.jp/shougai/suishin/jirei/index.html

 

 この法律の対象者は?

  

  国の行政機関や、地方公共団体等、民間事業者が対象となります。

 

     不当な差別取扱い     合理的な配慮
国の行政機関や地方公共団体等         禁止      法的義務
民間業者等         禁止      努力義務

 

  ※個人的な関係で障害のある方と接するような場合や、個人の思想、言論といったものは、

   対象ではありません。

 

勝山市における障害を理由とする差別の解消に関する職員対応要領

 

 障害者差別解消法では、国が定める基本方針に即して、不当な差別的取扱いや合理的配慮の

提供に関し、必要な事項を定めるよう地方公共団体に求めています。

 そこで勝山市では、障害のある人へ適切に対応するために職員対応要領を作成しました。

 

 ※下記リンクに掲載致しましたので、ご参照ください。

 

障害のことで差別をされたらどうすればいいの?

 

 勝山市役所 福祉・児童課 で相談を受付します。

 

 〒911-0035

  勝山市郡町1丁目1番50号 福祉健康センターすこやか内

 ☎87-0777

 

この法律についてもっと詳しく知りたい方は

 

 内閣府のホームページ(www8.cao.go.jp/shougai/suishin/sabekai.html)や

 障害者差別解消法のリーフレットをご参照ください。

 

関連資料(障害者差別解消法)

お問い合わせ先

健康福祉部
福祉・児童課

  • 電話番号
    0779-87-0777

  • FAX番号
    0779-87-3522

  • 住所
    〒911-0035
    勝山市郡町1丁目1-50
    福祉健康センター「すこやか」内

お問い合わせメールフォーム