メニューをスキップする
ホーム > 健康・保険 > 国民健康保険 > 高額介護合算療養費制度について

高額介護合算療養費制度について

掲載日:2010年2月18日(木) 印刷

医療費が高額になり、次の要件に当てはまる場合、申請をすることで、限度額を超えた分を高額介護合算療養費として後から支給します。

 

  • 年間(8月~翌年7月)※1 の医療費が高額になった世帯に介護保険の受給者がいる場合
  • 医療保険と介護保険の両方の自己負担を合算し下記の年間の限度額を超えた場合

 

 

自己負担限度額(8月~翌年7月)

  • 70歳未満

上位所得者 126万円(168万円)
一  般 67万円(89万円)
市民税非課税世帯 34万円(45万円)

 

  • 70歳以上75歳未満

現役並み所得者 67万円(89万円)
一 般 56万円(75万円)
低所得Ⅱ 31万円(41万円)
低所得Ⅰ 19万円(25万円)

 

 

※( )内は4月~翌年7月までの限度額

 

 

所得の区分

 

お問い合わせ先

市民生活部
市民課

  • 電話番号
    ○市民グループ・国保年金グループ
    0779-88-8102
    ○市民相談室
    0779-88-8103
    ○生活環境グループ(不法投棄110番)
    0779-88-8104

  • FAX番号
    0779-88-3856

    ○生活環境グループ
    0779-88-1119

  • 住所
    〒911-8501
    福井県勝山市元町1丁目1番1号
    市役所1階

お問い合わせメールフォーム