ホーム > 住まい・環境 > 公害・環境保全 > 油流出による水質事故防止

油流出による水質事故防止

掲載日:2010年2月23日(火)

近年、河川への油流出事故が多く発生しています。川の水が汚染されると、農業や工業、水道などの川の水を利用しているたくさんの人々に迷惑がかかる他に、水生生物にも悪影響を及ぼす場合があります。

 

水質事故防止のため、次のことに注意してください。

河川に油が流出した際の回収・処理作業には多額の費用がかかり、その費用は油を流した方の負担になります。

  1. 油(燃料、潤滑油、食用油を問わず)を側溝・水路・河川に捨てない。
  2. 給油中はその場を離れない。
  3. 万が一、油が水路などに漏れた時は直ちに関係機関に連絡する。
  4. 冬場は雪の重みにより給油管が破損する恐れがあるので、燃料機器や配管等の点検を定期的に行う。

 

油流出事故に関する電話連絡先

水質事故防止啓発リーフレット

お問い合わせ先

市民生活部  市民課

  • 電話番号
    ○市民グループ・国保年金グループ、 0779-88-8102、○市民相談室、 0779-88-8103、○生活環境グループ(不法投棄110番)、 0779-88-8104

  • FAX番号
    0779-88-3856、、○生活環境グループ、 0779-88-1119

  • 住所
    〒911-8501 福井県勝山市元町1丁目1番1号 市役所1階