ホーム > 暮らし > 国民年金 > 国民年金保険料を納めることが難しい方に

国民年金保険料を納めることが難しい方に

掲載日:2016年7月4日(月)

~国民年金保険料の未納を防ぐために~ 

 

国民年金には免除・猶予制度があります

 国民年金保険料は毎月納めていただきますが、収入の減少や失業等により、保険料を納めることが困難になることもあります。

 しかし、保険料を未納のままにしておくと、将来の年金(老齢年金)や、障害や死亡といった不測の事態が生じたときに「障害年金」や「遺族年金」を受け取ることができない場合があります。

 そのような状況を防ぐため、本人からの申請により、保険料が「免除」または「猶予」される制度があります。申請し承認されれば、申請期間は各基礎年金の資格受給期間に算入され、かつ年金額にも計算される場合があります(下表参照)。 

 

  

 国民年金の免除制度

 

免除制度には「法定免除」と「申請免除」があります

 ①障害年金(1・2級)を受給している、②生活保護法による生活扶助を受けている、③ハンセン病療養所に入所している、など法律に定められている以上のいずれかに被保険者が該当するとき、本人の届出により保険料が免除される制度です。 

 

  所得が一定基準より少ないとき(下表「世帯構成別の所得基準のめやす」参照)や失業・災害に罹災し保険料を納付することが著しく困難なときなど、申請して認められれば保険料が免除となる制度です。平成26年4月から、2年1ヵ月遡って申請できるようになりました。

 

免除区分には「全額免除」、「4分の3免除」、「半額免除」、「4分の1免除」があります 

 

免除の該当区分は、納付義務者である、申請者本人、配偶者、世帯主のそれぞれの前年所得に応じて4区分から審査されます。審査の結果、一部免除になった場合は、必ず2年以内に一部保険料を納付してください(納付しない場合は、未納扱いとなってしまいますのでご注意ください)。

なお、失業・天災によって納付が難しい方が免除(特例免除)を申請する際、失業者の場合は、離職票や雇用保険受給者資格票、天災などは被害状況を明らかにする証明書など添付書類が必要となります。

 

≪免除が承認された場合の保険料額≫

 

 

 

 

 

 

 

▶▶免除申請のお手続きに必要なもの

・年金手帳(あれば)

・印鑑

・特例免除に関する添付書類               

 

 

 

 

猶予制度には、「納付猶予制度」と「学生納付特例制度」があります

  納付猶予制度は、免除とは異なり、申請した期間の国民年金保険料の支払いが10年間猶予

される制度です。申請期間は免除申請と同様に、2年1ヵ月遡ることが可能です。

 

  平成28年7月1日より、納付猶予の対象年齢が30歳未満から50歳未満に拡大しました。

  (ただし、平成28年6月以前の期間は、30歳未満であった期間が対象となります。)

  世帯主の所得が高いために免除に該当しない方は、本人と配偶者の所得が「所得基準」以下の場合、申請により国民年金保険料の納付が猶予されます。申請に必要なものは、免除申請と同様です。

 

 学生の方で本人の前年所得が一定額以下で納付が困難な場合、申請により保険料の納付が猶予されます。

  ●すでに学特を受けられている在学生の方

   在学期間中は、更新ハガキが届きますので記載してある宛名へご回送ください。

 

  ●新しく申請される在学生の方

   各市町村の国民年金担当窓口または年金事務所にて申請してください。

   来年度からは、更新のハガキが届くようになります。

   ※なお、予定在学期間及び施設等に変更がある場合は、改めて申請が必要になります。

 

 ▶申請に必要なもの

・年金手帳(あれば)

・印鑑

・学生証の写し(有効期限記載面含む)、または在学証明書

 

 


お問い合せ

  電話 0776-23-4516(国民年金課)

      0776-23-4518(お客様相談室)

 

  電話 0779-88-8102

 

www.nenkin.go.jp/index.html

お問い合わせ先

市民生活部  市民課

  • 電話番号
    ○市民グループ・国保年金グループ、 0779-88-8102、○市民相談室、 0779-88-8103、○生活環境グループ(不法投棄110番)、 0779-88-8104

  • FAX番号
    0779-88-3856、、○生活環境グループ、 0779-88-1119

  • 住所
    〒911-8501 福井県勝山市元町1丁目1番1号 市役所1階