勝山市役所 WEBかつやま

サイトマップ

平成23年仕事始めの式訓示
掲載日:2011年1月4日(火)

ホーム > 市のしくみ > 市長 > 

平成23年仕事始めの式 市長訓示

 

 勝山市の正月にふさわしく、まちが真っ白な雪に覆われて、新年を迎えました。
 今年も昨年同様、皆さんの頑張りで勝山市をさらに良くしたいと思っています。
 市長としてその先頭に立って地域づくり、まちづくりに全力で邁進します。

 

 昨年を振り返ると、学校再編、新体育館建設、それらを含む第5次勝山市総合計画策定などを中心に、職員の皆様には、精力的にご努力をいただきました。
 今年は、その積み重ねの上にそれらを形にして成果を出していきます。
 
 この一連の作業を進める中で、市の職員が勝山市のそれぞれの地区に出かけて地域の人たちと話をする機会が多くありました。
 また、私自身も全地区に出かけて要望を聞くことを中心とした市長と語る会を開催しました。

 

 その過程の中で、多くの地域の人たちの声を聴き、地域の人たちが思っていること、したいこと、して欲しいことが今まで以上に把握できたと思います。
 また、それを聴いて市が取り組まなければならないこと、そして政策や事業に反映していかなければならないことなどが明確になってきました。

 

 勝山市は旧1町9ヵ村が地区を形成しており、その総合体が勝山市です。
したがって勝山市を良くするベースには、これらの地区の振興がなければなりません。
市が地域に入って話を聴き、地域の人たちと一緒になって考える。
 市役所は市民のためにある。市役所とは、読んで字のごとく、「市民のお役に立つところ」そのものであると、さらに実感いたしました。

 

 逆に言えば、市民の役に立たない市役所はいらないということです。
 役に立たない市長も職員も要らないということです。
 このことを肝に銘じてこの一年、皆さんとともに頑張っていきたいと思っています。

 

 今、内外の情勢は悪いことばかりが目立っています。
 国内の政治状況は、混迷をきたしており、なんら打開策が見当たりません。
 財政はさらに逼迫し、国と地方の借金をあわせると、ついに1000兆円を超えると予想されています。


 日本の少子高齢化は世界で最も進み、日本人の平均年齢は45歳で世界最高齢。
 2005年から始まった人口減少は加速化しており、昨年一年間で12万人減って、2045年には1億人を割り込むということです。

 地球温暖化も進み、このままいけば21世紀末に日本の平均気温は2度から4度上昇するという予測があるそうです。


 このように内憂外患こもごもですが、私は決して希望は捨てておりません。それどころか勝山市の市政運営に私は大きな手ごたえを感じています。
 それは、市民の力とやる気が勝山市各地域から、また民間事業者からもふつふつと湧き上がっていることが感じられるからです。

 エコミュージアムによって喚起したともいえるこの市民力と、市の職員のみなさんとのコラボレーションをさらに大きなものにしていきましょう。

 

 具体的には、総合計画、体育館、学校再編、エコ環境都市、子育て日本一、勝山駅を含む中心市街地のハード整備、歴史、伝統文化の発掘保存継承と、やるべきことはいっぱいありますが、勝山市はそのすべてにその基礎が出来上がっています。しかも堅実な財政に裏打ちされています。つまり目指すことが絵空事ではないということです。
これは、勝山市の大きな強みです。
 

 

 民間の経済活動の中には、景気は悪くても、その中で業績を上げているところが必ずあります。それは、常に創意と工夫を怠らない。そして、どこのまねでもない、どこにもないオンリーワンを目指している企業です。

 

 私は、今年の勝山市は「市役所は市民のお役に立つところ」をベースにして、その上に、市民のお役に立つための「創意と工夫を凝らしていきたい」と思います。
 そうして、さらに市民満足度をあげていきたい。市役所の役目、職員の使命はそれに尽きると思うからです。
 創意工夫とは、前例踏襲ではない。ほかがやっていないことをやるということです。
 民間で言えば会社が、行政で言えば市町村がほかにはない独自性、個性を発揮するということです。

 

 まちづくりにも創意工夫を発揮して、勝山市にしかないオンリーワンを目指したいと思っています。
 それは個性を磨いて魅力に変えることです。今年の大きなテーマは第5次総合計画の策定であり、そのコンセプトは「小さくてもキラリと光る誇りと活力に満ちた勝山市」をつくることです。
キラリと光るということは、ほかにはないもの。魅力的な個性。それを創意と工夫によって実現する。そのことによって日本のどの自治体よりもきらきら光ることができると私は信じています。

 

 勝山市にはそのコンテンツが詰まっています。どう引き出して磨いて世に出すか。私は観光的なものだけを言っているのではありません。それを含めたハード・ソフト両面での街づくり、子育て支援や、医療、福祉、教育、各分野にわたって勝山市は優れた基礎的用件をすでに持っています。
 この素材をどのようにしてさらに充実させて市民の役に立てて行くか。今年は、このことを皆さんと一緒に自信を持って進めてまいります。


 この一年一緒に頑張りましょう。一年を振り返ったときに全力を出し切ったいい一年だったといえるように頑張っていきましょう。
よろしくお願いいたします。
 

お問い合わせお問い合わせメールフォーム

総務部 未来創造課

■電話番号
0779-88-1115(企画調整・男女参画グループ)
0779-88-1112(秘書室)
0779-88-1114(情報・統計グループ、広報・広聴グループ)

■FAX番号
0779-88-1119(企画調整・男女参画グループ)
0779-88-3855(秘書室)
0779-88-0222(情報・統計グループ、広報・広聴グループ)

■住所
〒911-8501
福井県勝山市元町1丁目1番1号
市役所2階

このページのトップへ

ホーム > 市のしくみ > 市長 >