勝山市役所 WEBかつやま

サイトマップ

リチウムイオン電池からの火災にご注意を!!
掲載日:2016年12月27日(火)

ホーム > 住まい・環境 > 消防 > 火災予防関係 > 

いろんな用途に用いられるリチウムイオン電池の火災が増えています!

 リチウムイオン電池は携帯充電器、スマートフォン、タブレット、電子たばこ、ノートパソコンなどに使われており、充電中や使用中に出火する火災が増えてきています。

 

火災の事例

  • 専用の充電器を使用しなかったため、過充電となって出火
  • 落とすなど強い衝撃により損傷し出火
  • スマートフォンのイヤホンジャックの清掃や電池交換修理をするときに鋭利なものを刺してしまい、電池が損傷し出火
  • 社告・リコール品を使っていて出火

                                など

火災を防ぐためには

 今まであった事例をみると、出火前に特徴的な兆候や誤った行動がありました。

 

特徴的な兆候

  • 出火の1~2週間前からバッテリのヘリが速くなった
  • 充電中に以前と比較して熱くなった
  • 内部から膨張し、変形していた
  • 充電中に異音、異臭がした

 

誤った行動

  • 水没したが使えたのでそのまま使用した
  • 夏の車内など高温になる場所に長時間放置した
  • 充電差し込み部分の接触が悪かったが、そのまま使用した
  • 専用の充電器で充電したことがない
  • ペットが噛んだりした
  • 捨てるときに分別のため分解した
  • スマートフォンなどをズボンの後ろポケットに入れたまま座り、強い力を与えた

 

 このような兆候が現れた時は使用をやめ、製造会社や販売店に相談して下さい。

 また、兆候が表れない場合でも火事になる場合があるので、誤った行動は控えるとともに、取扱説明書を熟読した上で使用して下さい。

 

万が一、発火したときには

 電池から火花が飛び散っている時は近寄らないでください。

 火花が収まってから消火器や大量の水で消火するとともに、119番通報をしてください。

お問い合わせお問い合わせメールフォーム

消防本部 消防署

■電話番号
0779-88-0400

■FAX番号
0779-87-2481

■住所
〒911-0031
勝山市長山町2丁目2-7

このページのトップへ

ホーム > 住まい・環境 > 消防 > 火災予防関係 >