勝山市役所 WEBかつやま

サイトマップ

障害者手帳を持っていると受けられる福祉サービス
掲載日:2010年3月6日(土)

ホーム > 福祉 > 障害者支援 > 

「重度身体障害者住宅改造助成事業」

 勝山市内に住所を持つ障害者が、日常生活を営むのに著しく支障がある住宅(普段住んでいる住宅に限る)のトイレや浴室の改造及び段差解消などを行う場合、改造工事費の一部を助成します。

 

  • 対象者

 在宅の「身体障害者手帳」1級または2級に該当する視覚障害又は肢体不自由者

 

  • 申請に必要なもの
  1. 「身体障害者手帳」
  2. 印鑑 (シャチハタ不可)
  3. 工事の見積り
    ※ 障がいのため支障がある箇所の改造に関係する工事のみ抜粋して作成したもの。これに関係のないものは見積もりに含めないでください。
  4. 工事を行う階の平面図
  5. 改造箇所の工事後の図面
  6. 工事を行う前の、改修箇所の写真<改修前の調査のときに写してもいいです>
  7. 助成金の振込を希望する 障がい者本人の名義の通帳の写し
    ※ この他にも必要書類が多々ありますので、事前に福祉・児童課にご相談ください。

 

  • 注意していただきたいこと

 ・介護保険法に定める住宅改造費の助成を受けることができる方は、介護保険の住宅改造を優先してご利用いただく場合があります。
 ・申請は改造工事の着工前であること。(工事中や工事後の申請はできません)
 ・改造工事前に、身体障害者相談員と福祉・児童課職員が申請予定の住宅を調査した上で、改造の必要があると認められた場合に対象となります。

 

補装具の交付と修理

 「身体障害者手帳」の交付を受けた方や難病の方が、日常生活上の不自由を補うため、義肢・装具・補聴器・車椅子等の補装具を購入(修理)する場合に費用の一部を給付します。ただし、障がいの部位、程度等により給付できる補装具が決まっています。また、課税状況に応じて一部費用負担があります。
 

  • 補装具の紹介 

対象障がい名 対象補装具
「視覚障害」 盲人安全杖、義眼、眼鏡
「聴覚障害」 補聴器
「肢体不自由障害」

義足、装具、座位保持装置、車椅子

電動車椅子、歩行器、歩行補助杖 (一本杖を除く)

「肢体不自由障害」(児童のみ) 座位保持いす、起立保持具
「心臓機能障害・呼吸器機能障害」 車椅子、歩行器、歩行補助杖(一本杖を除く)
「肢体不自由及び音声・言語機能障害」 重度障害者用意思伝達装置

 ※上記の補装具の紹介は一例であり、支給対象は、障がい内容・程度等によって異なります。

  まずは福祉・児童課までご相談ください。
※「心臓機能障害・呼吸器機能障害」の方への支給は、障がいにより歩行に支障を及ぼす場合に

  限ります。
 

  • 対象者

 「身体障害者手帳」に記載されている障がいの部位、程度等により給付できる補装具が決まっていますので事前に福祉・児童課までご相談ください。
 

  • 申請に必要なもの
  1. 「身体障害者手帳」 (難病の方は医師の診断書または特定疾患医療受給者証)
  2. 印鑑
  3. マイナンバーカード関係書類(身分確認等必要となります。必要な物についてはお問い合わせください。)                                                                   

※ その他、医師の意見書や収入(年金の額など)を確認できるものが必要な場合がございますので詳しくは下記までご連絡ください。

 

  • 注意していただきたいこと
  1. 補装具費の給付申請は、補装具の購入をする前に行ってください。購入後の申請は受け付けることができませんのでご注意ください。
  2. 修理の給付ができる補装具は、過去に勝山市の給付を利用して購入した補装具に限ります。
  3. 補装具には品目ごとに耐用年数が設定されております。耐用年数内は、原則として補装具費の再支給はできません。
  4. 介護保険法に定める介護給付を受けることができる方は、補装具の種類によって、介護保険福祉用具の貸与、給付を優先してご利用いただく場合があります。

 

日常生活用具の給付と貸与

 重度の障がい児(者)や難病の方が自力で日常生活が営めるよう日常生活用具を給付または貸与します。手すり、段差解消などの住宅改修については20万円を限度とします。
 ただし、障がい区分ごとに給付品と基準額が制限されます。

 

手話通訳者・奉仕員派遣

 ろうあ者が社会生活を営むうえで医師との疎通を円滑にするために手話通訳者または手話奉仕員を派遣します。

 

  • 対象者

 「聴覚障害」の「障害者手帳」をお持ちの方で、手話によるコミュニケーションがとれる方。

 

  • 申請に必要なもの
  1. 障害者手帳
  2. 印鑑(シャチハタ以外)

 

福祉タクシー乗車券交付

 対象の障がい者手帳をお持ちの方に年間24枚のタクシー初乗り料金を割引するチケットを支給します。

 

  • 対象者

 在宅の「身体障害者手帳」1級または2級(下肢・体幹・視力それぞれ単独で2級)、および療育手帳の級がAの方、「精神障害者保健福祉手帳」1級、2級の方。

 ただし、自動車税の減免を受けている方、施設に入所している方は対象外となります。

 

  • 申請に必要なもの
  1. 「身体障害者手帳」もしくは、「療育手帳」、「精神障害者保健福祉手帳」
  2. 印鑑(シャチハタ不可)

 

  • 注意していただきたいこと

 ・福祉タクシーチケットの再交付は行っておりませんので、なくさないように注意してください。
 ・毎年3月の最終週から、新年度(その年の4月~次の年の3月末日まで)利用できる福祉タクシーチケットを交付していますので手帳と印鑑お持ちのうえ申請にきてください。

   ・高齢者移送サービス事業でタクシー乗車券の交付を受けられている方は併給できません。

■自動車改造等助成

 重度の身体障がい者が就労等社会参加の促進を図るため、自動車改造・自動車運転免許取得に要する費用が助成されます。

 

  • 対象者

 「身体障害者手帳」の交付を受け、「上肢機能障害」、「下肢機能障害」又は「体幹機能障害」のいずれかで2級以上の方で、改造助成を行う月もしくは、自動車運転免許取得助成を行う月の属する前年(助成を行う月が1月から6月の場合は前々年)の所得税課税所得金額(各種所得控除後の額)が、当該月の「特別障害者手当」の所得制限限度額を超えない方が対象です。

 

  • 注意していただきたいこと

 助成の申請は、必ず自動車改造を行う前、自動車運転免許証取得の申込の前に行ってください。改造後、免許取得後の申請は受け付けることができません。
  ・申請時には必要な書類がございますので事前に福祉・児童課までご連絡ください。

 

「重度障害者紙おむつ支給」

 日常生活を営むうえで必要と認められる重度の身体障がい児(者)におむつの支給を行います。
 生計中心者の市民税が課税の場合3,000円/月、非課税の場合5,000円/月を限度としてし支給します。限度額を超えた料金は自己負担となります。また、本人または家族の所得に応じて一部費用負担があります。

 

  • 対象者
  1. 「身体障害者手帳」をお持ちの方で、「尿機能障害」に類似する症状をお持ちの方
  2. 療育手帳をお持ちの方で等級が A1(最重度・重度)、A2(重度)の方の内、排泄の自立が困難な方
  3. 精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方で1級の方の内、排泄の自立が困難な方

 

ただし以下の方は該当となりません。

  1. 日常生活用具での支給対象となる方
  2. 施設に入所している方
  3. 要介護認定を受けている方
  4. 勝山市介護用品(紙おむつ)支給及び斡旋事業の対象となる方
  5. 勝山市以外の市町村から、障害者総合支援法に基づく自立支援給付を受けている方

 

  • 申請に必要なもの
  1. 「身体障害者手帳」または療育手帳
  2. 印鑑(シャチハタ不可)

 

  • 注意していただきたいこと

 ・給付対象のオムツは、勝山市で指定されたオムツに限ります。
 ・オムツは申請時に指定していただくこととなります。

 

 

保養施設・公衆浴場の利用料助成

  市営温水プール、あまごの宿、ピクニックガーデン、ささゆりについては指定保養施設利用割引証の利用により割引を受けることができます。
 勝山市内の木久乃湯、南部湯については指定公衆浴場利用割引証の利用により割引を受けることができます。
※水芭蕉、健康の駅「湯ったり勝山」については手帳提示で利用料金が400円になります。
 

  • 対象者

 勝山市内に居住する「身体障害者手帳」、「療育手帳」、「精神保健福祉手帳」のいずれかをお持ちの方全てが対象です。

 

  • 申請に必要なもの

 各障害者手帳

 

  • 利用証の発行場所

 勝山市福祉健康センター「すこやか」内  健康長寿課

 

 

ことばの育ちの教室 

 勝山市内居住の満3歳児から6歳児以下のことばの発達に遅れのみられる就学前の児童を対象に、言語聴覚士が個別に指導・訓練を行うことばの育ちの教室を開催しています。
 

  • 対象者

 勝山市内に住所を有し、かつ居住している者で満3歳児以上小学校就学前の児童で、発達相談会や各乳幼児健診、保育園、幼稚園等から同教室に通った方が良いと判断された児童。

 

  • 開催日時

 毎月第2、4木曜日(①10:40~11:30 ②11:40~12:30 ③14:30~15:20 ④ 14:30~15:20 ⑤ 15:30~16:20)

 

  • 定員

 開催日1日に付き 5名 (一人あたり継続的な通室は3か月を限度とする)
 

  •  利用料  無料

 

  • 注意していただきたいこと

 ・送迎は行っておりませんので、保護者同伴で通室ください。
  ・申請をしていただく前に、保健師や保育園幼稚園より児童の日常生活の様子がわかる資料をいただきますので、保護者の同意が必要です。

お問い合わせお問い合わせメールフォーム

健康福祉部 福祉・児童課

■電話番号
0779-87-0777

■FAX番号
0779-87-3522

■住所
〒911-0035
勝山市郡町1丁目1-50
福祉健康センター「すこやか」内

このページのトップへ

ホーム > 福祉 > 障害者支援 >