お知らせ

ホーム > お知らせ

第4回日本ジオパーク中部ブロック大会in立山黒部に参加しました。

平成28年9月1日(木)

8月26日に富山県黒部市で開催された「第4回日本ジオパーク中部ブロック大会in立山黒部」に参加してきました。
会場はYKK黒部事業所の国際会議場で約300名の参加をいただいた、大規模な大会となりました。
YKK株式会社の吉田会長より特別講和をいただき、立山黒部ジオパークのエリア内である黒部市においてYKKがどのような取り組みをお聞きしました。
特別講和のあと、糸魚川ユネスコ世界ジオパークから「ジオパーク新潟国際フォーラム」について、白山手取川ジオパークから「ユネスコジオパーク誕生記念フォーラム及び第8回JGN全国研修会」についての報告があり、参加者の方々にジオパークの取り組みについて知っていただきました。
その後、構想地域も含めた中部ブロック10地域から「地域特性を活かした個性的な活動について」というテーマで発表があり、当ジオパークからは、町ジオパーク専門員が「ジオパーク学習の現状と課題」について発表をしました。
参加者の方々に各地域のジオパークの取り組みを知っていただくとともに、他地域の取り組みを聞き、自地域にどうやって活かしていくのかを考えさせられる、とても有意義な大会となりました。
残念ながら今回は都合により、翌日のエクスカーションには参加することができませんでしたが、また立山黒部ジオパークにお邪魔したいと思います。
関係者のみなさま、お世話になりました。そしてありがとうございました。

会場エントランスにて

吉田会長からの特別講和

各ジオパークからの事例発表

平成28年度 ジオパークガイド養成講座の参加者を募集しています。

平成28年8月1日(月)

今後、ジオパークガイドとして活動していただける方に向けた、ジオパークガイド養成講座を開催いたします。
詳しくは下記リンク、勝山市公式ホームページをご覧ください。
平成28年度 ジオパークガイド養成講座参加者募集

恐竜渓谷ふくい勝山ジオパークのPVを公開しました。

平成28年7月28日(木)

恐竜渓谷ふくい勝山ジオパークの魅力を紹介するプロモーションビデオ「大地の鼓動を体感!恐竜渓谷ふくい勝山ジオパークの魅力」を公開しました。下記リンク(Facebook)からご覧ください。
【PV】大地の鼓動を体感!恐竜渓谷ふくい勝山ジオパークの魅力

立山黒部ジオパークに視察研修に行ってきました。

平成28年6月20日(月)



勝山市エコミュージアム協議会の会員と「立山黒部ジオパーク」を視察研修しました。北陸新幹線黒部宇奈月温泉駅横に整備されている「黒部市観光ギャラリー」でジオパークエリアの概要を学んだあと、君島さん、山本さんのお二人のジオガイドの案内で、黒部川流域を中心とした「扇状地の水の文化」コースを巡りました。
参加された方からは、ジオサイトの見せ方やジオガイドとしての説明のしかた等、大変参考になったといった感想が聞かれました。
この視察研修で学んだことを、今後のジオパーク推進に役立てていきます。

立山黒部ジオパーク

立山黒部ジオパーク

立山黒部ジオパーク

市民大学講座「ジオパーク入門」が開催されました。

平成28年6月20日(月)



ジオパークの基礎知識を学び、貴重で豊かな勝山の自然資源の中で生活する楽しさやよろこびを感じてもらうことを目的に6/3、6/10、6/17の3日間わたり「ジオパーク入門」講座が開催されました。
15名の参加者があり、「ジオパークの楽しみ方」「地形図・地質図の見かたと活用方法」等の座学、最終日には火山活動が見られる浄土寺川ダム周辺に出かけ、たくさん疑問を抱いていただき、それらの謎を解いていく作業を皆さんで行いました。

市民大学講座「ジオパーク入門」

市民大学講座「ジオパーク入門」

市民大学講座「ジオパーク入門」

平成28年度「わがまち魅力発酵事業審査会」が開催されました。

平成28年5月20日(金)

5月15日(日)、地域資源等を保全、活用しながら、行政などと共同して地域課題を解決するための持続可能な地域の開発に向けた「わがまち魅力発酵事業ジオパークまちづくりの部」の事業プレゼン審査会が行われました。審査会前、「勝山と白峰 ジオパークでつながる」と題して、前白山手取川ジオパーク推進協議会事務局長の山口 隆さんにご講演をいただきました。
地域の地区団体、グループから申請内容にもとづく様々なプレゼンが行われました。ご講演をいただいた山口 隆さんには特別審査員としてご参加していただき、提案内容に対する質問が飛び交う、真剣なやり取りが行われました。

講師の山口隆さん

講演を真剣に聞き入る聴講のみなさん

地元中学生による事業提案プレゼンテーション

「勝山市ジオパーク学術研究等奨励事業」申請者の募集について

平成28年4月1日(金)

「勝山市ジオパーク学術研究等奨励事業」申請者の募集を行います。
勝山市全域をエリアとする「恐竜渓谷ふくい勝山ジオパーク」のフィールドを対象とした学術調査及び研究を支援し、学術資料の蓄積を図るため、学生等を対象に調査研究費の助成を行います。

平成27年度ジオパーク学術研究等報告書

1 補助対象研究
 恐竜渓谷ふくい勝山ジオパークに関する地形・地質調査研究及びその活用方法、地形・地質遺産及びそれに関わる地域資源を活用した地域の活性化に関する調査研究で次に掲げるものとします。
(1)恐竜渓谷ふくい勝山ジオパークを対象とした地形・地質調査研究
(2)恐竜渓谷ふくい勝山ジオパークと地域の関わり等に関する社会・人文科学調査研究

2 補助対象者
 以下の個人もしくはグループ
(1)大学に在籍する学生又は大学院生
(2)大学、研究機関等に所属する教員又は研究員
(3)その他市長が認めた研究者

3 補助金の額等
(1)補助金の交付額
 予算の範囲内において、1件あたり上限20万円。
 (補助対象経費が20万円未満の場合は、その該当額。)
(2)補助対象経費
 ・原材料の購入等に要する経費
 ・消耗品の購入に要する経費
 ・研究員等に係る在籍大学、所属機関等の所在地から勝山市までの往復交通費及び勝山市滞在中の宿泊費
 ・調査地までの移動や調査に必要な車両等の借り上げ料の実費
 ・その他研究活動に要する経費で市長が認めるもの
(3)補助率  10/10 
  
4 応募の方法
 以下の書類を事務局まで持参するか郵送して下さい。
 ・補助金交付申請書
 ・補助研究の実施計画書
 ・補助研究の収支予算書
 ・研究者等略歴
 ・在学証明書(写) 等

(様式)
様式(PDF)

様式(ワード)

(申込み先、問合せ先)
 〒911-8501 勝山市元町1丁目1-1
  勝山市商工観光部ジオパークまちづくり課
  TEL 0779-88-1111 FAX 0779-88-1119
  E-mail  geopark@city.katsuyama.lg.jp

5 応募締切  平成28年5月31日(火)

6 審査  学識経験者等からなる審査会を開催し、厳正なる審査を行います。

7 実績報告等
 助成研究が完了後、次の書類を平成29年2月末日までに提出して下さい。
 ・補助事業実施報告書
 ・収支決算書
 ・学術研究実施報告書
 ・補助研究の収支決算書
 ・研究報告書

8 補助金の支払い
 実績報告書を精査して、助成金の額を確定し、お支払します。

9 その他
・補助金の交付に関する詳細については、「勝山市ジオパーク学術研究等奨励補助金交付要綱」によるものとする。
・補助金の交付を受けた研究については、所属、氏名、研究テーマ、要旨等を恐竜渓谷ふくい勝山ジオパーク公式Webページで公開します。
・研究実績報告書提出後に、恐竜渓谷ふくい勝山ジオパーク推進協議会が開催する発表会にて発表を行っていただく場合があります。
・研究報告書を恐竜渓谷ふくい勝山ジオパークWebページに掲載し、一般に公開します。
・補助金を使って行われた研究の成果を学会で発表するときや学術誌等に投稿する際は、研究の一部に本助成金を使用した旨明記し、恐竜渓谷ふくい勝山ジオパークのロゴマークを掲載してください。

小学校で「防災教室」行いました。

平成28年2月4日(木)

2月2日、勝山市の危機管理防災室と共同して勝山市立北郷小学校で「防災教室」を行いました。
前半スライドで、自然災害は地球の活動により引き起こされる、人の力では止められない、そのため、地球に向き合い地球や勝山の土地のことを学習することが大切であることや、北郷町の大地の特徴を紹介しました。
後半は、産総研地質標本館の芝原暁彦氏に製作していただいた精密立体地質模型を使い、可視化された情報や地形の凹凸を目や手触りなど体感してもらい、勝山市全体や北郷町の大地や危険個所について学びました。
模型に投影されるカラフルに映る地質図は、子どもたちには珍しく、とても人気でした。この「防災教室」は続けて複数の学校で行われます。

3D模型を使った防災教室

3D模型を使った防災教室

ページトップへ戻る

Copyright © 2010 - 2016 Dinosaur Valley Fukui Katsuyama Geopark Promotion Council. All Rights Reserved.