お知らせ

ホーム > お知らせ

糸魚川世界ジオパークに視察研修に行ってきました。

平成27年7月1日(水)



勝山市エコミュージアム協議会の人達と「糸魚川世界ジオパーク」を訪問しました。新しくなったフォッサマグナミュージアムでは、学芸員の竹之内耕さんから糸魚川ジオパークのセールスポイントや魅力をわかり易く解説していただきました。また、糸魚川-静岡構造線の露頭、弁天岩、親不知などのジオサイトをジオガイドの水島さん、磯貝さんにご案内していただきました。
日本列島の西と東が出会うまち・糸魚川世界ジオパークは、ジオもヒトも楽しめる素敵なジオパークでした!
参加された人達には、この視察研修で学んだことをまちづくりやガイド活動に活かしていただきたいものです。

糸魚川世界ジオパーク

糸魚川世界ジオパーク

MTB&セグウェイでの自然を楽しむツアーのご案内

平成27年6月19日(金)

法恩寺山の溶岩台地上にある「スキージャム勝山」では、グリーンシーズンもいろいろなアクティビティが行われています。
6月1日~10月25日の間、これまで開催されていました「滝しぶきツーリング」に加え、新たにセグウェイに乗って溶岩台地を走り抜ける「セグウェイツアー」が開催されています。
ジオサイトであるスキージャム勝山でジオパークを満喫してみてください。

○セグウェイツアー
自然環境にやさしい未来の乗り物「セグウェイ」に乗って、法恩寺山の溶岩台地の大自然の中を散策するジオツアー!
セグウェイ独特の浮遊感を味わいながら高原の風を感じてください。点在する法恩寺山溶岩のほか、お花畑や雑木林の中では動物と出会えるかもしれません。

 (対 象)16歳以上、体重110Kg未満の人
 (時 間)午前の部 10:30~12:30、午後の部 13:30~15:30
 (参加費)8,000円/1名
 (定 員)6名/1回
 (申込み)要予約

○滝しぶきツーリング
インストラクター(ガイド)先導のもと、マウンテンバイクに乗ってジオサイト「弁ヶ滝」に向かうジオツアー!
林道法恩寺線上の下りがメインの約5㎞のオンロードを走るため誰にでも簡単に楽しめます。火山活動によりつくられた美しい弁ヶ滝の真下は清涼感を感じることができます。

 (対 象)小学生以上 ※自転車に乗れる人
 (時 間)午前の部 10:30~12:30、午後の部 13:30~15:30
 (参加費)2,000円(MTB、ヘルメット、グローブ、ガイド料)
 (申込み)要予約

詳しくは、スキージャム勝山のWebページをご覧ください。


【問合せ、申込み先】スキージャム勝山 ショップ「リリウム」 TEL 0779-87-6109 

セグウェイツアー1

セグウェイツアー2
(写真提供:(株)東急リゾートサービス スキージャム勝山)

野向町のジオパークの魅力を発掘しよう!」開催されました。

平成27年6月8日(月)

6月7日(日)、野向地区かつやまっ子応援ネットワーク主催の「野向町のジオパークの魅力を発掘しよう!パート2」が開催されました。野向小学校全児童、保護者、地域の人たち総勢90名を超える参加者がありました。地元の人から説明を受けながら、越前甲の方向から延びる尾根から湧き出る蓮如はん清水、越前甲の中腹を起源として発生した昭和36年表層なだれにあった横倉集落の見学を行いました。児童や参加者は保全していかなくてはいけない地域資源や語り継いでいかなくてはならない地域資源を楽しく学べたのではないかと思います。

野向公民館ジオツアー

野向公民館ジオツアー

白山BRリレーシンポジウム開催されました。

平成27年6月5日(金)

勝山市は、近隣の4県7市町村と共に白山ユネスコエコパーク(BR)の活動を推進しています。
5月30日(土)、白山BRリレーシンポジウムが開催されました。このリレーシンポジウムは、ジオパークと類似する「自然保護制度」であるエコパークの理念や白山ユネスコエコパークの存在を知っていただくために開催されたものです。
白山BR事務局から白山BRの概要説明があったあと、南アルプスBR事務局の広瀬さんから、「山を財産とした南アルプスユネスコエコパークの未来」の事例、勝山市教育委員会の阿部さんからは、「デジタルによる白山平泉寺の記録と発信」、勝山市平泉寺小学校の児童の皆さんから「池ヶ原湿原の保全活動について」発表がありました。今回のシンポジウムを通じて、地域の資源の価値やユネスコエコパークを意識しなくても、その理念が身近なところに根付いていることに気付いていただいたのではないかと思います。

白山BRとは_中村さん

南アルプスBR_広瀬さん

日本地球惑星科学連合(JpGU)大会に参加しました。

平成27年5月29日(金)

5月24日(日)、JpGU2015に参加しました。パブリックセッション「ジオパークを楽しもう」では、ジオパークに興味のある人、高校生、教員の方々を対象として、日本各地のジオパーク関係者がジオパークの見どころなどをわかりやすく面白く紹介されていました。
また、ポスターセッションでは、各地のジオパークやジオパークを目指す地域から、教育活動や普及活動について事例報告が行われていました。当地域からは、「砂絵による新たな教育普及活動について?2種類の堆積岩を使って?」のポスター発表を行い、当地域の岩石への考え方、教育普及、新たな体験学習についての事例報告を行いました。また、当地域で行った学校教育の中で行った火山教室について、福井大学の三好准教授から報告が行われました。

ジオパークを楽しもう

ポスター発表会場

「わがまち魅力発酵事業審査会」が開催されました。

平成27年5月29日(金)

5月17日(日)、地域資源等を保全、活用しながら、行政などと共同して地域課題を解決するための持続可能な地域の開発に向けた「わがまち魅力発酵事業ジオパークまちづくりの部」の事業プレゼン審査会が行われました。審査会前、「サイエンスの力を借りて、身近なナゾを地域の宝に」と題して、日本ジオパーク委員会(JGC)委員の中川和之さんにご講演をいただきました。
地域の地区団体、グループから申請内容にもとづく様々なプレゼンが行われました。ご講演をいただいた中川和之さんには特別審査員としてご参加していただき、JGN新規地域公開プレゼンを彷彿される真剣なやり取りが行われました。

基調講演

審査会講評

市長と行くジオツアー開催されました。

平成27年5月29日(金)

市長と「大陸からの手紙・オーソコーツァイトの露頭」を訪ねるジオツアーを開催しました。市長も熱心にオーソコーツァイトやその露頭の解説や地元の人のその露頭との関わりについての昔話を熱心に聞かれていました。参加された方については、この円礫の露頭や円礫を観察することにより、勝山が大陸であったことの再確認や円礫の価値について知ってもらうことができたかと思います。

ツアーの様子001

白山BR・リレーシンポジウムの開催について

平成27年5月14日(木)

5月30日(土)、白山ユネスコエコパーク・リレーシンポジウムが開催されます。
勝山市の一部は、白山ユネスコエコパークのエリアに属しています。ご存じだったでしょうか?
このシンポジウムは、ジオパークと類似する自然保護制度であるエコパークの理念や白山ユネスコエコパークの存在を地域住民の皆さん知っていただくために開催されるものです。
お気軽にご参加ください。

○開催日時  平成27年5月30日(土)午前1時30分~午後4時
○会  場  白山平泉寺歴史探遊館 まほろば
○参 加 費  無料(申し込み不要)

○講演内容 
0.ユネスコエコパークの紹介
1.他のユネスコエコパークに関する活動事例
 「山を財産とした南アルプスユネスコエコパークの未来」
  南アルプス市総合政策部 ユネスコエコパーク推進室 廣瀬 和弘 氏
2.白山ユネスコエコパークの資源に関する研究事例
 「デジタルによる白山平泉寺の記録と発信」
  勝山市教育委員会 世界遺産推進室 阿部 来 氏
3.白山ユネスコエコパークでの活動事例
 「池ヶ原湿原の保全活動について」
  勝山市立平泉寺小学校の児童

チラシ1

チラシ2

ページトップへ戻る

Copyright © 2010 - 2017 Dinosaur Valley Fukui Katsuyama Geopark Promotion Council. All Rights Reserved.