トップ > 展示のご案内

  • ウェルカムゾーンの常設展示(無料)
  • ミュージアムゾーンの常設展示(有料)
  • 企画展

ウェルカムゾーンの常設展示(無料)

写真1

機屋(はたや)とは、布を織る工場のことです。はたや記念館ゆめおーれ勝山の建物は、明治38年〜平成10年まで勝山の中堅機業場として操業していた建物を保存・活用したものです。この建物は、勝山市指定文化財・国の近代化産業遺産に認定されています。

宿直室

【宿直室】
職工が交代で泊まるための部屋です。正面の乾燥場で糸が干されており、宿直者は仮眠のかたわら温度や湿度の調整につとめました。

糸燥機(明治中期)

【糸燥機(明治中期)】
糸を木枠に巻き替える機械です。箱に石を入れてオモリにし、それが落下する力で動きます。勝山市指定文化財

糊炊釜

【糊炊釜】
経糸に付ける糊を炊いた釜です。糊は、海藻の「フノリ」を使いました。

はたおり実演(力織機)

【はたおり実演(力織機)】
実際に機屋(はたや)で使われていた4台の力織機が設置されており、「はたおり」の実演をしています。写真は、半木製織機です。

ミュージアムゾーンの常設展示(無料)


ミュージアムゾーンには、解説スタッフがいます。個人観覧の場合でもお気軽に声を掛けてください。
団体の場合は、個別に解説スタッフがつきます。事前にお申し込みください。

主な展示内容

羽二重ができるまで

【羽二重ができるまで】
絹糸を入荷してから、羽二重の生ばたを出荷するまでの織物工場で行われる工程をわかりやすく説明しています。

織物観察室

【織物観察室】
絹、人絹(レーヨン)、ポリエステルを見て、触れてその違いをたしかめよう!マイクロスコープで織物の構造を拡大。模型と比較してみよう。

織子さんの衣装で写真撮影

【織子さんの衣装で写真撮影】

動くむかしの機械たち

【動くむかしの機械たち】
糸繰り機、整経機、糊付け機、撚糸機、管巻機昭和の時代に活躍した機械たちを動いている状態で展示しているのは必見。

勝山の機業の歴史

【勝山の機業の歴史】
100年以上つづく勝山市の織物産業の歴史を写真パネルとモニター映像で振り返ります。また、昭和10年の女子寮で生活する織子たちの仕事や生活の様子を模型や写真で解説しています。

高ばた織機体験

【高ばた織機体験】
トントンと高ばた織機で手織りの体験ができます。「鶴の恩返し」など、童話の世界をたのしんでください。(作品は、持ち帰れません。)

企画展


毎年2回の企画展を計画しています。詳しくは、イベント情報でご確認ください。

『はたやブックレット』(企画展・講演会の内容をまとめた書籍 500円)、『はたや記念館GUIDE BOOK』(常設展示図録 700円)、『ものがたり かつやまの歴史』(勝山市の歴史をわかりやすく記述した書籍 1,000円)は、当館おみやげ処「シルク」にて販売しています。

過去の企画展一覧

平成21年 秋の企画展 『THE蚕(懐古)展 -蚕から生糸が生まれるまで-』
【期間】平成21年9月20日〜9月23日
生きた蚕、繭から糸取り、生糸と絹織物を展示紹介。養蚕の様子を映像とパネルで紹介。

平成22年 春の企画展 『ケイテー資料館展 -近代化産業遺産が伝える織物業-』
【期間】平成22年4月29日〜5月9日
近代化産業遺産に認定されているケイテー資料館の収蔵品を展示。勝山の織物業の歴史等を紹介し、「機のまち勝山」をひもとく。

平成22年 秋の企画展 『蚕展2010 -岡谷の養蚕と製糸-』
【期間】平成22年9月18日〜10月3日
長野県岡谷は、明治から昭和にかけて製糸業で栄えた町であり、その糸は勝山の機屋(はたや)で織られました。「糸都岡谷」の生糸づくりを紹介。蚕の飼育から羽二重ができるまで。

平成23年 春の企画展 『未来に輝く繊維の世界 -新しい繊維開発への挑戦-』
【期間】平成23年4月29日〜5月29日
勝山や県内の繊維産業が長い歴史の中で培った織物技術は、さまざまな分野で活用され、より高機能な繊維製品を提供しています。普段見ることのできない高い技術でつくられた新しい繊維製品や研究開発のいったんを紹介。

平成23年 秋の企画展 『羽二重がやってきた -輸出向け羽二重のルーツと桐生織の魅力-』
【期間】平成23年9月17日〜10月16日
福井県に「羽二重」の絹織物技術を伝えた群馬県桐生の織物とその歴史について展示。
はたやブックレット1『織物のまち、桐生と勝山―輸出向け羽二重のルーツと桐生織りの魅力―』平成24年3月発刊

体裁・頁 A5・P84
内容 第1部 まちづくり講演会・はたやフォーラム
 近代福井における羽二重工業の発展と桐生織物 橋野知子
 はたやフォーラム−織物のまち、桐生とかつやま−
 橋野知子・後藤隆造・荒井由泰・山岸正裕勝山市長
第2部 企画展 羽二重がやってきた

平成24年 春の企画展 『発見!わが家の「はた織り」さん -勝山市北谷町に残る手織機「地機」とその織物-』
【期間】平成24年5月20日〜7月1日
「地機(じばた)」は1500年間という長い間つちかわれていた手織機です。そのルーツやむかしの「はた織りさん」の技をさぐる。勝山でつかっていた「地機」とそれで織られた着物などを展示します。
はたやブックレット2『発見!わが家の「はた織り」さん―白山周辺の手織機「地機」とその地域性―』平成25年3月発刊

体裁・頁 A5・P109
内容 第1部 ようこそ!ディープでホットな最前線 第1回はたや研究会 ―今回の犧覗粟瓮董璽沺白山周辺の「地機」とその地域性―
 なぜ、ゆめおーれで「地機」なのか? 中藤容子
 考古学からみた「地機」 東村純子
 越前と加賀の地機&高機 坂本育男
 滋賀県周辺の地機 辻川智代
 激論!!地機研究の最前線 中藤容子・東村純子・坂本育男・辻川智代 ご参加いただいたみなさん
 〔特別寄稿〕第1回はたや研究会に参加して 本川幹男
第2部 企画展 発見!わが家の「はた織り」さん ―勝山市北谷町にのこる手織機「地機」とその織物―

平成24年 秋の企画展 『きずなを感じて…勝山と私 -津村節子の軌跡-』
【期間】平成24年9月2日〜9月30日
芥川賞作家で勝山市とも関係の深い津村節子氏の半生を展示。

平成25年 初夏の企画展『織子さんのくらしと学び−女子寮days in 勝山−』
【期間】平成25年5月25日〜7月15日
平成23〜24年度に行った松文産業(株)旧女子寮の調査をもとに、繊維産業の寄宿舎の歴史やそこでのくらしなどをさぐる。
はたやブックレット3『織子さんのくらしと学び−女子寮days in 勝山−』平成26年3月発刊

体裁・頁 A5・P99
内容 第1部 企画展 織子さんのくらしと学び
第2部 トークショー
 松文産業旧女子寮の建築と織子さんの暮らしぶり 吉田純一
 集団就職と勝山女子高等学院 山田雄造
 女子寮で暮らした織子さんたちと語る 吉田純一・山田雄造・松村英之 ご参加いただいたみなさん

平成25年 冬の企画展『世界へとどけ!勝山シルク−勝山製糸会社と官営富岡製糸場−』
【期間】平成25年11月16日〜平成26年1月13日
勝山の近代化の先頭をかけぬけ、生糸づくりにかけた人びとの姿をさぐる。技術を学びに行った富岡製糸場(世界遺産・近代化産業遺産)との連携をはかる。
はたやブックレット4『世界へとどけ!勝山シルク−勝山製糸会社と官営富岡製糸場』平成27年3月発刊

体裁・頁 A5・P91
内容 第1部 企画展 世界へとどけ!勝山シルク
第2部 まちづくり講演会・はたやフォーラム
 勝山製糸業の成立と展開−幕末から明治期にかけて− 本川幹男
 富岡製糸場の歴史と文化−世界遺産への道− 今井幹夫
 はたやフォーラム−歴史からまちづくりへ− 荒井由泰・本川幹男・今井幹夫

平成26年 ミニ企画展『かつやまの弥生機』
【期間】平成26年4月26日〜6月29日
鹿谷町志田神田遺跡出土の弥生機部材を展示。弥生時代に使われていた機を復元したものを使って実演・体験を行う。

平成26年 企画展『勝山の歴史・イラスト展−「ものがたり かつやまの歴史」ができるまで−』
【期間】平成26年8月12日〜9月28日
9月に発刊した『ものがたり かつやまの歴史・上』(勝山の原始・古代・中世について記述)に掲載されたイラストから勝山の歴史にふれてもらう展示

『ものがたり かつやまの歴史』上 編集・発行 勝山市
  刊行:平成26年  体裁・頁:A5・P155
  勝山市の原始・古代・中世をわかりやすく記した書籍です。イラスト・写真も豊富でルビも入っており、たいへん読みやすくなっています。
  執筆:本川幹男・笠松雅弘・松村英之、イラスト:奥田陽子
『ものがたり かつやまの歴史』中 編集・発行 勝山市
  刊行:平成28年  体裁・頁:A5・P185
  勝山市の近世をわかりやすく記した書籍です。イラスト・写真も豊富でルビも入っており、たいへん読みやすくなっています。
  執筆:本川幹男・笠松雅弘・山田雄造、イラスト:奥田陽子

平成26年 ミニ企画展『昭和の勝山・はたやの仕事』
【期間】平成26年9月1日〜9月28日
東京奥越経済同友会ガラス製展示ケース寄贈記念展。松文産業株式会社所蔵の古写真等の展示。

平成26年 ミニ企画展『さがそう!つたえよう!わがまち勝山 いいところ−成器西小学校6年生総合学習の成果展−』
【期間】平成26年11月14日〜平成27年2月1日
地元の小学生たちが繊維産業やゆめおーれ、恐竜、自然、左義長、平泉寺、ホタルなどについて一生懸命調べ、修学旅行時に外国人観光客に英語で発信した成果展。

平成27年 春の企画展『明治の勝山産業―煙草と生糸から羽二重へ―』
【期間】平成27年2月28日〜4月19日
勝山の産物や産業を懸命に作り出し、品質を高め、宣伝に力を注いだ先人たちの努力をさぐる。
はたやブックレット5『明治の勝山産業−煙草と生糸から羽二重へ−』平成28年3月発刊

体裁・頁 A5・P109
内容 第1部 企画展 明治の勝山産業―煙草と生糸から羽二重へ―
第2部 まちづくり講演会・はたやフォーラム
 明治の勝山産業−煙草と生糸から羽二重へ− 本川幹男
 勝山近代産業の建築―織物工場と煙草乾燥場― 吉田純一
 はたやフォーラム−まちとむらをつなぐ産業の歴史から− 本川幹男・吉田純一・松村英之・ご参加いただいたみなさん

平成27年 ミニ企画展『勝山をイメージしよう!−勝山南部中学校生徒の染め手ぬぐい展−』
【期間】平成27年4月4日〜4月20日
勝山南部中学校生徒が体験して作成した染め手ぬぐいの展示。

平成27年 特別展『「はたや (機屋)」さんを描く−故・嶋田彰夫さん絵画寄贈記念展−』
【期間】平成27年5月9日〜5月24日
故・嶋田彰夫さんが描いた機屋(はたや)の絵画を展示。今はもう無くなってしまった古い織物工場の様子が分かる。ゆめおーれ勝山の前身、木下機業場の絵も展示。

平成27年 夏の企画展『落下傘を織っていたころ―戦時下勝山の「織物産業」―』
【期間】平成27年8月8日〜9月27日
戦時下の写真や軍用落下傘の生地などを通して、厳しい戦争の時代をのりこえてきた勝山の織物産業の歴史を展示。

平成27年 特別展『斎藤七郎ステンシル画展−ふるさとを描く−』
【期間】平成27年11月1日〜11月15日
勝山市出身の斎藤七郎氏が描くステンシル画の展示。斎藤氏によるステンシル画についての解説や体験も行う。

平成27年 冬の企画展『明治のパイオニアスピリット―ふくい羽二重の誕生まで―』《福井県立こども歴史文化館との共催展》
【期間】平成27年12月19日〜平成28年2月21日
絹の平織生地「羽二重」が誕生するにいたる、福井の絹織物業の近代化の過程をふりかえり、士族を中心とした先人のチャレンジ精神を取り上げる。

平成28年 ミニ企画展『ゆめおーれ勝山壁新聞展−成器西小学校3年生総合的学習の成果展−』
【期間】平成28年1月8日〜2月14日
地元の小学生たちが調べたゆめおーれ勝山や繊維産業についての壁新聞の展示会。