地震ハザードマップ
 
   勝山市地震ハザードマップは、地震発生時に想定される震度を示した「揺れやすさマップ」と、その揺れによる建築物の全壊する割合を示した「地域の危険度マップ」から構成されます。これらのマップは、内閣府による「地震防災マップ作成技術資料」に基づいて作成したものです。
 また、情報面には耐震診断、耐震改修に関する補助制度や被害を防ぐためのポイントなど、防災に関連する情報を掲載しています。 地震防災マップを参考に、ご家族、ご近所の皆様で、日頃の防災対策に役立てて下さい。

地震ハザードマップ(A3情報面)PDF(3,757kB)

地震ハザードマップ(A3地図面)PDF(9,141kB)
地震ハザードマップ表紙
揺れやすさマップ
  揺れやすさマップとは、地震発生時に想定される震度を色別に表示し、避難施設などの位置を表示したマップです。 勝山市の各地の直下を震源とするマグニチュード6.9の直下型地震を想定し、地形や地盤条件、震源からの距離のデータを用いて、50m四方のエリアごとに想定される震度を推計しました。
 
  揺れやすさマップ(中心部) PDF(3,470kB)
揺れやすさマップ(西 部) PDF(3,959kB)
揺れやすさマップ(東 部) PDF(3,473kB)
地域の危険度マップ
  地域の危険度マップとは、地震発生時に建築物が全壊する割合を予測し、色別に表示したマップです。建築物の全壊率は、地震発生時に想定される震度と建築年別・構造別建築物データを用いて、揺れの強さと被害率との関係から推計しています。  地震発生時の条件によって、マップに表示される被害と同じ被害が生じるとは限りません。また、個々の建築物の全壊率を示すものではありませんので、全壊率が低い地域でも建築物に被害が生じる恐れがあります。
  地域の危険度マップ(中心部) PDF(3,964kB)
地域の危険度マップ(西 部) PDF(4,405kB)
地域の危険度マップ(東 部) PDF(3,868kB)
 
PDFファイルを閲覧するにはAdobe(R) Reader(TM)が必要です。
閲覧には、Adobe(R) Reader(TM)の Ver.5.0 以降の環境を推奨します。
Adobe(R) Reader(TM)は左のリンクボタンからダウンロードできます。

情報発信元
勝山市 総務部 総務課
電話番号:0779-88-1116
中心部 西部 東部 中心部 西部 東部