越前甲 武将の兜のごとき力強さ。

越前甲 標高1,319.7m

昔の武将が用いた兜に似ている
山容からこの名前が付けられた。
トロイデ型の火山で、山頂はドーム型をしている。
真言密教の本尊大日如来が
祀られたことから「大日山」と呼ばれることもある。

山頂から九頭竜川を望む
山頂から九頭竜川を望む絶景ポイント!

勝山市内から福井平野まで、
蛇行しながら流れる九頭竜川を上から見られます。
時間帯によっては太陽の光を反射し、
キラキラと光る九頭竜川を見ることもできます。

越前甲登山コース
おすすめコース《所要時間約1時間45分》越前甲登山コース断面図《歩行距離2.9キロ、標高差575メートル》

Information

登山口までのアクセス

現在、国道416号線の改良工事をしています。八反滝付近まで乗用車が入れます。路肩が少し広くなっていて車が6台ほど駐車できます。そこに駐車して、歩いて登山口に行きます。駐車位置から登山口まで2km徒歩で40分ほど。
大型車での入山は避けてください。バスが駐車できるだけの場所がありません。

越前甲 登山口MAPはコチラ

登山の難易度 ★★☆☆☆

距離は短いのですが急な登りが続きます。大日峠から山頂までが急で大変滑りやすく、特に下りは注意が必要。ゆっくりと進んでください。

登山に適した時期

5月中旬から11月中旬のオールシーズン楽しめます。

登山における注意点

●大日峠から山頂まで急登が続きます。雨天時は大変すべりやすいので注意してください。

トイレ

●登山道にはトイレがありません。登山前に済ませるようにしてください。

最寄りのお風呂

●勝山市内中心部から勝山街道滝波交差点を右折。国道416号線を進むと右側に「あまごの宿」があります。

他の登山道

●越前甲から大日山まで縦走路があります。

越前甲レポート

登山日:2015年5月24日 天気:快晴

登山口駐車場 出発 AM8:00 山道を北上し、あまごの宿を過ぎ登っていくと、道路右側に駐車場があります。ここからの道路は工事中のため、一般車両は立ち入り禁止。第1登山口・外谷小場登山口(にげたんこば) 駐車場から工事中の道路を登っていくと、右手に登山口の看板が見えてきます。お地蔵さんのほこらが、登山者を迎えてくれます。道中の安全をお祈りして、いざ出発!入山ゲート 「沢沿いの森の小道」 沢の流れる森の山道を登ると、沢を横切る橋が姿を現します。滑って川に落ちないよう、気を付けましょう。第2登山口 「ここからが本番!」 森を抜けると、工事中の道が再び姿を現します。道路脇には登山口の看板あるので、道路を横切る形でさらに山奥へ進んで行きます。送電線 AM9:20 「送電線がランドマーク」 登山道の上空には、送電線が見えます。沢渡り 「苔むした沢のオアシス」 沢を流れる水の音を聞きながら、苔むした道を登って行きます。この辺りの沢が、最後の水場になります。「道迷いに注意!」 間違って沢の道に入り込まないよう、登山道はしっかりと確認しましょう。大日峠 「ブナの樹が見守る大日峠」 森を抜けると、大きな1本のブナの樹のある峠に突き当たります。看板を左に曲がり、ここからは尾根道を登って行きます。尾根ルート 「見晴らしの良い展望ルート」 道中では、経ヶ岳などの山々や、勝山市街が見えます。先ほど横切った送電線や峠道も遠くに眺めることができます。急登の坂 「ロープ急登の連続」 越前甲の最難関でもある、尾根の急登ルート。ロープのある坂が何箇所も続くので、こまめに休みながら頑張って登りましょう! 頂上までの距離の看板が目印。「なだらかな尾根道」 急登を超えると、なだらかでまっすぐな道が続きます。越前甲山山頂 AM11:50 「石川県の山々が広がるパノラマ」 やっとの思い出頂上の広場にたどり着くと、横長の看板が迎えてくれます。標高1319.6m。お疲れ様でした!東には白山の雄大な姿を眺めることができます。北西には加賀大日山と、赤い屋根の山小屋が見えます。越前甲山山頂から先の藪の道が、登山ルートです。大パノラマの山頂で食べるお昼ご飯は最高!第2登山口からの別ルートを下山 「違うルートでの下山を楽しむ」 山頂から大日峠を経て第2登山口までは、登りと同じルートを下山します。第2登山口からは、気分を変えて工事中のルートを下るのも有り! 道中通過するダンプトラックに注意!あまごの宿 「あまごの宿でひとっ風呂!」 下山後の道中にある「あまごの宿」にはお風呂があるので、ここで登山の汗を流しましょう! イワナ料理のメニューも豊富なので、山の余韻に浸りながらの一服はいかが?