ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

勝山市地域おこし協力隊

印刷用ページを表示する 更新日:2019年4月1日更新
<外部リンク>

地域おこし協力隊 PR画像

勝山市地域おこし協力隊

 地域おこし協力隊とは、総務省が平成21年度から取組みを始めた制度であり、概ね1年以上最長3年の期間、都市部の意欲ある人材が地方へ移住し、地域力の維持・強化を目的とした支援活動を行うものです。勝山市では平成26年度より地域おこし協力隊を受け入れ、現在7名の隊員が活動しています。

地域資源を発掘し、それらを活用した振興活動などを通じて、地域活性化への起爆剤になることを期待しています。

 

勝山市地域おこし協力隊員のご紹介

 

 1 太田 啓斗 隊員

  令和元年8月1日採用

  神奈川県横浜市出身(東京都渋谷区から勝山市へ転入)

太田啓斗 隊員

 【主な活動内容】

  ○恐竜という市最大の魅力が発揮される商品の開発・販売

  ○市内の繊維等の特産物が脚光を浴びるような商品の開発・販売

  ○インバウンドの推進に向けた新たな観光産業の検討・創出  など

 → 太田隊員へのインタビュー記事はこちらです。

 

 2 西垣 翔太 隊員

  令和2年4月1日採用

  京都府京都市出身(東京都渋谷区から勝山市へ転入)

西垣翔太 隊員

 【担当業務】

  ○国内外への観光プロモーションに向けたリサーチ、戦略の設計、 コンテンツ開発、PR

  ○UIターン促進に向けた取組み(首都圏等でのPR対策検討)

  ○ゲストハウスやコワーキングスペース、カフェ等のまちなか拠点スペース整備の検討  など

 → 西垣隊員へのインタビュー記事はこちらです。

 

 3 松本 彩佳 隊員

  令和2年4月1日採用

  福井県福井市出身(京都府京都市から勝山市へ転入)

松本彩佳 隊員

 【担当業務】

  ○勝山の伝統食の維持・促進に向けた取組み

  ○外国人に向けた日本酒のプロモーション

  ○地域資源を生かした道の駅づくりへの協力  など

 → 松本隊員へのインタビュー記事はこちらです。

 

 4 中島 麻衣 隊員

  令和2年6月1日採用

  広島県東広島市出身(大阪府枚方市から勝山市へ転入)

中島麻衣 隊員

 【担当業務】

  ○郷土料理を取り入れたヴィーガン・ベジタリアン対応メニューの 提案と「草食恐竜弁当」の制作

  ○雪室蕎麦の差別化とそれを活かしたメニューの製作、PR

  ○SNSを活用した上述の活動の発信

 → 中島隊員へのインタビュー記事はこちらです。

 

活動の報告

 ◎ 令和2年度 活動報告会

 

参 考

 ◎ 総務省 地域おこし協力隊ホームページ(外部リンクへ)<外部リンク>

 ◎ JOIN(移住・交流推進機構) 地域を変えていく新しい力 地域おこし協力隊ホームページ(外部リンクへ)<外部リンク>