ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 勝山市消防本部(消防署) > 熱中症にご注意を!!!

本文

熱中症にご注意を!!!

印刷用ページを表示する 更新日:2019年8月6日更新

勝山管内で熱中症による救急搬送が多発!! 熱中症に注意!!

梅雨が明けて急激に猛暑となり、勝山市では熱中症患者の救急搬送が多発しています。

熱中症を知って、しっかり予防しましょう。

 

熱中症とは?

室温や気温が高い中で、体温の調節機能が働かなくなり、体に異常などを起こす症状のことです。

家の中でじっとしていても、室温、湿度が高いと熱中症になる場合がありますので、注意して下さい。

子どもの体の特徴

 体温調節機能が未熟なため、熱中症にかかりやすくなります。

 地面の照り返しにより、高い温度にさらされ熱中症にかかりやすくなります。

高齢者の体の特徴

 体温を下げるための体の反応が弱くなっており、暑さを感じにくく汗をかきにくい、のどの渇きを感じにくいなど、自覚がないのに熱中症になる危険があります。

予防のポイント

◆室温28℃を超えないように、エアコンや扇風機を上手に使いましょう。

◆のどが渇かなくてもこまめに水分補給をしましょう。

◆体をしめつけない涼しい服装をし、外出時は日よけ対策をしましょう。

◆無理せず、適度に休憩をとりましょう。

熱中症予防

熱中症予防について

農作業中の熱中症対策について

こんなときはためらわず119を!!

◆自分で水が飲めなかったり、脱力感や倦怠感が強い場合。

◆意識がない(おかしい)、全身のけいれんがあるなどの症状の人を発見された場合。

熱中症の応急手当木陰の下で、横にして、体を冷やす

◆涼しい場所へ移動し、服をゆるめ、安静に寝かせましょう。

◆エアコンやうちわなどで風をあて、体を冷やしましょう。

◆脇の下、太もものつけねなどを氷嚢や冷たいタオルなどで冷やしましょう。

◆飲めるようであれば、水分を少しずつ、頻繁にとらせましょう。

 

詳しくは、総務省消防庁ホームページ<外部リンク>をご覧ください。