ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 勝山市消費者センター > 豪雪関連消費者トラブル事例

本文

豪雪関連消費者トラブル事例

印刷用ページを表示する 更新日:2021年1月13日更新

平成18年、平成30年豪雪より

・除雪費用が高すぎる、ちゃんとやってくれないなどのトラブル

・生鮮食料品や日配品がスーパーなどで売っていない

・灯油、ガソリンが売っていない

・豆炭コタツで一酸化炭素中毒になりそうになった

・停電になり暖がとれない

・除雪用品が壊れたのに売ってない

・室外機凍結し故障した

・カーポートが倒壊し車が破損した

・屋根融雪のランニングコストが高い

・下家と軒先が破損した(多数)

対処方法

・非常時ですので、あわてず、落ち着きましょう。

・契約をするときは慎重に。

・春先、悪質なリフォーム会社に注意しましょう。

他の人の対処

・除雪作業の内容をしっかり打ち合わせし、書面をもらうようにした。

・電気不要の反射式ストーブを用意した。

・近所に除雪用品を借りに行った。

・室外機まわりをマメに雪かきした。

・カーポートは保険適用なかったが、車は保険で修理できた。   など