ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > ジオパークまちづくり課 > 大地の恵み「雪室そば粉」の販売をはじめます!

本文

大地の恵み「雪室そば粉」の販売をはじめます!

印刷用ページを表示する 更新日:2019年8月26日更新

大地の恵み「雪室そば粉」の販売をはじめます!

雪室そば粉のパッケージ写真

雪室そば粉って?

Q.雪室そばとは?
A.文字通り、雪で室(むろ)を作ってその中に保管したそばのことをいいます。 

Q.雪室ってなに?
A.天然の雪を利用した冷蔵庫です。雪の雪氷熱エネルギーで食品を冷やします。勝山市の雪室は、外気温に関わらず年間を通じて、摂氏2~4度程度の温度と湿度90%以上を保っています。

Q.雪室そばの美味しさの秘密は?
A.雪室は、そばを長期間保存するのに大変適しており、特に劣化が進みやすい夏場は高い湿度を保ったまま低温貯蔵することで乾燥を防ぎ、そばの色や風味、鮮度を保つことができます。

なお、実証実験では以下の結果が得られています。
1.雪室低温下では化学反応速度が遅くなり酸化が抑制される
2.でんぷんの糖化現象
3.食味官能値が高い
4.香気成分の保持

雪室そば粉販売について

今年の3月頭から勝山市の雪室で貯蔵してきた玄そばを石臼で丁寧に挽いた「雪室そば粉」を販売しています。新そばの味わいがそのまま残った蕎麦をぜひともご賞味ください。

お値段は、1袋500グラム入りで1,100円です。
※前回は、1袋1,500円でしたが、より多くの人に雪室そば粉の美味しさを知って頂きたいという思いから今回は上記の値段で販売をさせて頂きます。

※ 限定30袋となっていますので、お早めにお申し込みください。

お問い合わせ・お申し込み先

勝山市雪室ブランド推進会議事務局
 (勝山市役所ジオパークまちづくり課内)
Tel:0779-88-8126(直通)
Fax:0779-88-1119
e-mail:geopark(@)city.katsuyama.lg.jp
※スパムメール防止のためカッコ内のアットマークを小文字に変えて送信してください。
雪室そば粉パンフレット

勝山市雪室ブランド推進会議 会員募集中!!

ジオの恵みである勝山の農産品や加工品などを雪室利用で付加価値を高め、新たな特産品の開発を行うことにより、勝山市の地域振興を図ることを目的とした会です。
雪室そばはもちろん、雪室を活用した商品のブランド化、雪室熟成食品、雪室加工食品といった新たな食文化の提案などに興味がある方、ともに活動していただける方は気軽に、上記事務局までお問い合わせください。

SDGS ロゴ 7 SDGS ロゴ 13

 

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>
Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>