ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 農林課 > 農業用補助事業

本文

農業用補助事業

印刷用ページを表示する 更新日:2022年7月20日更新

農業用補助事業について

主な農業用補助事業一覧

1. 儲かるふくい型農業総合支援事業 (担当:農業振興係)

トラクターやコンバイン等の農業機械やハウスや集荷場等の整備により、園芸の拡大や水田農業の規模拡大等、儲かる農業経営の実現及び営農の継続を目指す農業者に対し補助を行う。

2. 中山間総合対策支援事業 (担当:農業振興係)

中山間地域等の生産条件が不利な地域における担い手の育成及び中山間の営農を継続させる体制づくりを支援するために、トラクターや農業用ドローンといった農業機械の導入等に対し補助を行う。

3. がんばれ特産産地 小さな農業応援事業 (担当:農業振興係)

地域特産物の導入、体験農園の開業や加工品の開発等、小規模農家が行う販売や地域振興を目的とした園芸の新たなチャレンジに対して支援する。

4. 畜産経営基盤強化支援事業 (担当:農業振興係)

若手の畜産農家が経営規模拡大のために行う畜舎の増改築や、後継者への経営継承のために省力機械を導入する等の取り組みへ支援する。

5. 有機栽培等生産性向上機械導入支援事業 (担当:農業振興係)

人・農地プランに位置づけられた経営体等が、地域が目指すべき将来の集約化に重点を置いた農地利用の姿の実現に向けて、生産の効率化に取り組む等の場合に必要な農業用機械のうち、有機農産物や特別栽培農産物等の生産に必要な機械の導入を支援する。

6. 新規就農者支援事業 (担当:農業振興係)

新規就農者の経営発展のための機械・施設の導入、就農に向けた研修資金、雇用就農促進のための資金交付等、次世代を担う農業者の育成・確保に向けた取組を支援する。

7. 土地改良事業 (担当:計画・整備係)

暗渠排水、農道整備等の農業生産基盤の整備のための工事に対し補助を行う。

8. 中山間地区土地改良施設等保全事業 (担当:計画・整備係)

中山間直接支払の対象地区のうち、急傾斜が地域の農地の半分以上の地区における土地改良関係工事の資材等に対して支援する。

9. 地域集積協力金 (担当:農地係)

地域内の農地の一定割合以上を、農地中間管理機構を通じて担い手が集積・集約化した場合に協力金を交付する。

10. 環境保全型農業直接支払交付金 (担当:農業振興係)

化学肥料・化学合成農薬を原則5割以上低減する取組と合わせて行う、地球温暖化防止や生物多様性保全等に効果の高い農業生産活動に取り組む農業者に支援する。

 ※主な農業機械用補助事業の補助対象や要件等については、下記をダウンロードしてご確認ください。

 農業用補助事業一覧 [Excelファイル/31KB]

 ※主要な補助事業を抜粋したものです。詳細な内容等につきましては別途お問い合わせください。

農業機械用補助事業を利用される方へ

 主要な農業機械用補助事業(主な農業用補助事業一覧 1〜6)は、県(もしくは国)の補助事業のため、補助事業を希望される場合は事前に事業の要望を提出して、要望が採択されれば、次年度に補助を受けることができます。

事業要望スケジュール表
日時 内容
7月〜8月上旬 農業者の方から市農林課へ事業要望(実施計画書や見積書等)を提出。
8月中旬 市農林課で取りまとめた要望を県へ提出。
8月〜翌年度2月 県で各市町から提出のあった要望を比較検討、採択か否かを決定。
翌年度3月 採択されれば県から市に補助事業の内報が届く。
翌年度4月以降 採択された事業の実施。

 事業要望に必要な書類は希望する補助事業によって異なる他、事業計画の策定など準備に時間がかかる場合があります。また、その他の補助事業(主な農業用補助事業一覧 7〜10)はスケジュールが異なります。

 補助事業を希望される方は、早めに市農林課までご相談ください。(事業要望に必要な書類も相談の際にお渡しさせていただきます。)

農業用補助事業説明会

 令和4年7月14日(木)に農業用補助事業に関する説明会を開催しました。

 以下に説明会で使用した資料を掲載しましたので、ご覧ください。

 農業用補助事業説明会資料 [PDFファイル/3.26MB]

 説明会別添資料 新規就農関係 [PDFファイル/1.35MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)