ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 都市建設課 > 「平成31年度 勝山市老朽危険空き家解体事業補助金」申込者募集のお知らせ

本文

「平成31年度 勝山市老朽危険空き家解体事業補助金」申込者募集のお知らせ

印刷用ページを表示する 更新日:2019年4月25日更新

 近年、全国的に空き家が増加しており、空き家となった既存建築ストックの有効活用が求められています。その一方で、長い間、適正管理されずに放置されたことにより、老朽化し、有効活用が不可能な空き家が存在します。これらは防災・防犯上危険であり、地域の安全性を脅かしています。

 このような老朽化した空き家の解体工事に要する費用の一部を補助することにより、勝山市内の老朽危険空き家の解体を促進し、周辺地域の安全性の向上を図ります。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 平成31年3月に策定された「勝山市空き家等対策計画」と連携し、さらに空き家等対策を促進させるため、平成31年度から事業内容を変更しました!!!

 主な変更点

  • 「建物解体後の敷地を地域住民等が活用できるように、10年間以上勝山市に無償貸与し、区が維持管理を行う」条件を撤廃することで、補助条件を大幅に緩和しました。
  •  補助対象建物について、これまでの「不良住宅」に加えて、勝山市空き家対策協議会が認 定する「特定空家等」を新たに補助対象にすることで、住宅用途だけでなく店舗等の他用途建物も補助の対象になりました。

補助対象者

 市税等の滞納がない者で、次いづれかに該当すること。

  • 老朽危険空き家の所有権の全部を有する者
  • 老朽危険空き家の所有権の一部を有し、かつ他の所有権を有する者全員から委任を受けた者
  • 老朽危険空き家の所有権の全部を相続した者
  • 老朽危険空き家の所有権の一部を相続した者で、かつ他の所有権の相続人全員から委任を受けた者

補助対象空き家

 次のいづれかに該当する「老朽危険空き家」であること。

  • 勝山市空き家等対策協議会の審議を経て認定された「特定空家等」
  • 別に定める不良度測定基準に基づいて行う現地調査を経て判定される「不良住宅」

補助対象工事

 市内業者が行う「老朽危険空き家」及び同一敷地内にある工作物、立木、動産等のすべてを除去する工事

補助金額

 「老朽危険空き家」の解体工事に要する費用の3分の1 (上限50万円)

募集期間

平成31年4月25日から募集件数満了時まで

 

勝山市老朽危険空き家解体事業 申込書ほか

パンフレット [PDFファイル/280KB]

申込書など [Wordファイル/61KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)