ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

中小企業のための女性活躍推進事業について

印刷用ページを表示する 更新日:2019年5月13日更新

従業員数300人以下の中小企業において、平成28年4月1日より女性活躍推進法に基づいた一般事業主行動計画の策定・届出などが努力義務となっています。
行動計画の策定・届出を行い、その取組の実施状況が優良な企業については、「えるぼし」の認定を受けることが可能です。
厚生労働省では、今後の女性活躍推進の取組を支援するため、アドバイザーによる無料支援、セミナーや説明会の開催を実施しています。

「中小企業のための女性活躍推進事業」事業概要 [PDFファイル/1.1MB]

女性活躍推進法特集ページ(厚生労働省)<外部リンク>

優良企業の認定(「えるぼし」認定)について

行動計画の策定・届出を行った企業のうち、女性の活躍に関する取組の実施状況が優良な企業については、申請により、厚生労働大臣の認定を受けることができます。

認定を受けた企業は、厚生労働大臣が定める認定マークを商品などに付することができます。この認定マークを活用することにより、女性の活躍が進んでいる企業として、企業イメージの向上や優秀な人材の確保につながるなどといったメリットがあります。

<「えるぼし」マーク取得によるメリット>

  • 優秀な人材を確保できる
  • 企業イメージの向上につながる
  • 公共調達で加点評価を受けられる場合がある

えるぼし認定について [PDFファイル/524KB]

えるぼし取得案内チラシ [PDFファイル/890KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)