ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民・環境・税務課 > マイナンバーの「通知カード」について

本文

マイナンバーの「通知カード」について

印刷用ページを表示する 更新日:2018年9月19日更新

 通知カードは、紙製のカードで、住民にマイナンバー(個人番号)をお知らせするものです。券面にはお住まいの市区町村の住民票に登録されている「氏名」「住所」「生年月日」「性別」と「マイナンバー(個人番号)」等が記載されています。

 制度当初分(平成27年10月5日時点)の通知カードについては、すべて方に世帯単位でお送りしていますが、以降に出生や国外から転入された方については、住民票を作成した後に、世帯主あてに送付されます。
※通知カードは、転送不要の簡易書留郵便で送付されます。

ご注意ください 

・通知カードは、顔写真が記載されておらず、本人確認書類にはなりません。通知カードを使用してマイナンバーの確認と本人確認を同時に行うためには、別途、運転免許証やパスポート等の本人確認書類が必要となります。

 

通知カードの利用用途

・行政機関の窓口等でマイナンバー(個人番号)を求められた際に利用可能です。
・マイナンバーは、国の行政機関や地方公共団体などにおいて、社会保障、税、災害対策の分野で利用されます。

 

通知カードを紛失した場合

・通知カードを紛失した場合、再発行が可能です。手続きの際は、運転免許証等の本人確認ができるものを持って市民・環境課までお越しください(再発行手数料500円)
・なお、警察で遺失物の届出が必要な場合があります。詳しくは、市民・環境課までお問い合わせください。

 

 

マイナンバー制度について

 マイナンバーカード総合サイト<外部リンク>