ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 税務・収納課 > 確定申告が必要な方とは・・・

本文

確定申告が必要な方とは・・・

印刷用ページを表示する 更新日:2019年1月11日更新

所得税(国税)の確定申告が必要な方

次のいずれかに該当する方は、所得税(国税)の確定申告が必要です。

【大野税務署で申告】

  • 営業所得のある方
  • 青色申告をしている方
  • 地代や家賃収入がある方
  • 土地や建物を売った方
  • 給与収入が2,000万円を越える方
  • 雑損控除及び家を新築、増改築されて新規に住宅控除を受ける方

・確定申告書は郵送または税務署の時間外収受箱に投函することにより提出することができます。

上記以外の方については、勝山市会場でも申告することができます。

【勝山市会場で申告】

  • 2ヶ所以上から給与を受けている方
  • 給与以外に農業あるいは年金、生命保険の満期受取金等があり、その合計所得が年間20万円を越える方
  • 年金受給者で所得税が源泉徴収されている方
  • 年金以外の所得と合計した所得金額が扶養控除や基礎控除などの所得控除額を越える方
  • 中途退職等の理由により年末調整ができなかった方
  • 医療費控除、2年目以降の住宅取得控除などを受けたい方

・確定申告書は郵送又は税務署の時間外収受箱に投函することにより提出することができます。

市県民税の申告が必要な方

平成31年1月1日現在、勝山市で生活をしている方は市県民税の申告が必要です。

※ただし、次に該当する方は申告の必要がありません。

  • 所得税の確定申告をされる方
  • 給与所得のみの方で支払者から当市に給与支払報告書が提出されている方

ただし、市県民税で新たに控除(社会保険料や生命保険料控除など)を受けたい方は市県民税の申告が必要です。

◆◆ご注意ください◆◆

平成30年中に、収入が全く無かった方も必ず「無所得の申告」が必要です。ただし、市内の方の扶養親族として申告されている方は場合は不要です。

未申告の場合、所得証明の交付や国民健康保険税の軽減に影響があります。

営業・農業・不動産所得のある方は、収支計算による申告が必要です。