ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 監理・防災課 > 警戒レベル4は「避難指示」に一本化されます

本文

警戒レベル4は「避難指示」に一本化されます

印刷用ページを表示する 更新日:2021年5月18日更新

災害対策基本法の改正により令和3年5月20日から、台風などの大雨による災害時に市が発令する避難情報の運用が変更されます。

ポスター

チラシ(裏)

 

内容

「避難準備・高齢者等避難開始」は「高齢者等避難」に(警戒レベル3)

警戒レベル3は、高齢者以外の方も避難の準備をしたり、危険を感じたら自主的に避難していただくタイミングです。この後の気象状況などによっては、避難指示(警戒レベル4)になる可能性があります。

発令時に求められる行動 警戒レベル3「高齢者等避難」

「高齢者等避難」が発令された時は、災害時のおそれがある状況です。高齢者や障害のある方は危険な場所から避難を開始してください。

レベル3

 

「避難勧告」は廃止、「避難指示」に一本化(警戒レベル4)

これまで警戒レベル4の時に「避難勧告」と「避難指示(緊急)」が状況に応じて使用されていましたが、令和3年5月20日から「避難指示」に一本化されます。なお、従来の「避難勧告」の発令基準からの変更はありません。

発令時に求められる行動 警戒レベル4「避難指示」

「避難指示」が発令された時は、災害のおそれが高い状況です。危険な場所から全員避難してください。

レベル4

 

「災害発生情報」は「緊急安全確保」に(警戒レベル5)

災害の発生が確認された時には、「災害発生情報」をお知らせしていましたが、令和3年5月20日からは避難情報の「緊急安全確保」が発令されます。ただし、市で災害の状況が確認できない場合があるため、災害発生時に必ず発令される情報ではありません。

発令時に求められる行動 警戒レベル5「緊急安全確保」

「緊急安全確保」が発令された時は、既に災害発生または切迫しているため、安全な避難ができない状況です。近くの高さがある建物の高層階に緊急的に避難(垂直避難)するなど、命を守るための最善の行動をとってください。

レベル5

 

内閣府からのお知らせ

今回の災害基本法一部改正に伴う、避難情報に関するガイドラインの改定詳細は、内閣府のホームページに掲載されています。

「避難情報に関するガイドラインの改定(令和3年5月10日)」(内閣府ホームページ)<外部リンク>

 

分散避難ご協力のお願い

避難情報が発令された時には、大変多くの方が避難所へ避難されることが予想されます。市の指定避難所に避難することだけが「避難」ではありません。日頃から災害時の行動を確認し、分散避難のご協力をお願いいたします。

避難所等における新型コロナウイルス感染症の対応について