ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 商工文化課 > セーフティネット保証認定について

本文

セーフティネット保証認定について

印刷用ページを表示する 更新日:2024年2月1日更新

セーフティネット保証とは?

 経営の安定に支障が生じている中小企業者を、一般保証(最大2億8千万円)とは別枠の保証の対象とする資金繰り支援制度。

セーフティネット保証4号   

 突発的災害(自然災害等)の発生に起因して売上高等が減少している中小企業を支援するための措置です。

 セーフティネット保証4号<外部リンク>について詳しくはこちら。

 

 ★新型コロナウイルス感染症に係るセーフティネット保証4号について、令和5年10月1日認定
  申請分から資金使途が「借換」に限定されました。
   ⇛ 【指定期間の延長】 令和6年3月31日まで

 ★「令和6年能登半島地震」により下記の地域及び期間が指定されています。
   ⇛ 【近畿管内の指定地域】福井県:福井市、あわら市、坂井市
   ⇛ 【指定の期間】 令和6年1月1日〜令和6年4月11日

セーフティネット保証5号

 全国的に業況の悪化している業種に属する中小企業者を支援するための措置です。

 セーフティネット保証5号<外部リンク>について詳しくはこちら。

 

 ★対象業種を指定(令和6年1月1日〜令和6年3月31日)
  ※対象業種はこちら(R6.1.1〜R6.3.31) [PDFファイル/843KB]

セーフティネット保証2号

 生産量の縮小、販売量の縮小、店舗の閉鎖などの事業活動の制限を行っている事業者と直接・間接
 的に取引を行っていること等により、売上高が減少している中小企業者を支援するための措置です。

 セーフティネット保証2号<外部リンク>について詳しくはこちら。

 

 ★ダイハツ工業株式会社又はダイハツ九州株式会社と直接・間接的に一定程度の取引を
  行っており、一定の売上等が減少することが見込まれる中小企業・小規模事業者を対象
  として、セーフティネット保証2号が発動されました。
   ⇛ 【指定の期間】 令和5年12月20日〜令和6年12月19日

セーフティネット保証制度の認定手続き

 セーフティネット保証制度は、中小企業信用保険法で定める原因によって経営の安定に支障が生じている中小企業者に対し、信用保証協会の別枠保証などを行う制度です。制度の利用にあたっては、取引先金融機関にご相談ください。

 セーフティネット保証について詳しくは中小企業庁のホームページ<外部リンク>をご覧ください。

必要書類

共通
 ・申請書及び添付書類(2部)
 ・申請書に実績月として記入した月の月別売上高等のわかる書類(1部)
 ・申請者名、事業所所在地を確認できる書類(1部)
   個人:許認可証または直近の確定申告書
   法人:履歴事項全部証明書(申請書提出日から3ヶ月以内のもの)

セーフティネット4号申請時のみ
 ・個人:指定地域で1年以上事業を営んでいることがわかる書類(営業許可書など)

セーフティネット5号申請時のみ
 ・個人:指定業種を営んでいることが確認できる書類(営業許可証など)

セーフティネット2号申請時のみ
 ・指定事業者との取引額が確認できる書類

認定申請書

セーフティネット4号認定申請書 

★新型コロナウイルス感染症に伴う場合

 通常 ⇛ 1年以上継続して事業を行っている事業者
   セーフティネット4号認定申請書(新型コロナウイルス) [Wordファイル/18KB]

 緩和要件 ⇛ 業歴3ヶ月以上1年1ヶ月未満の事業者または、店舗増加や業態変化のため
        単純な前年比較できない事業者
   1) 最近1か月と最近3か月の平均を比較すると該当する事業者
    セーフティネット4号認定申請書(緩和要件1) [Wordファイル/18KB]

   2) 令和元年12月と比較すると該当する事業者
    セーフティネット4号認定申請書(緩和要件2) [Wordファイル/18KB]

   3) 令和元年10月から12月と比較すると該当する事業者
    セーフティネット4号認定申請書(緩和要件3) [Wordファイル/20KB]

 

★災害その他突発的事由の場合 (※現在は受け付けておりません)
  セーフティネット4号認定申請書(災害その他突発的事由) [Wordファイル/17KB]

セーフティネット5号認定申請書

セーフティネット2号認定申請書

直接取引の場合
 セーフティネット2号認定申請書1-イ [Wordファイル/19KB]

間接的取引の場合
 セーフティネット2号認定申請書1-ロ [Wordファイル/19KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)