ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 農林政策課 > 森林環境税・森林環境譲与税

本文

森林環境税・森林環境譲与税

印刷用ページを表示する 更新日:2021年4月1日更新

森林環境税・森林環境譲与税とは 

 平成31年3月に「森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律」が成立しました。  本税は、温室効果ガス削減目標の達成や災害防止等を図るための森林整備等に必要な財源を安定的に確保する観点から、国民一人一人が等しく負担を分かち合って森林を支える仕組みとして創設されました。  これにより令和6年度から「森林環境税」を負担いただきますが、これに先立ち、森林現場の課題に早期に対応する観点から、令和元年度から「森林環境譲与税」の市町村への譲与が始まりました。  市町村へ譲与された「森林環境譲与税」は、法律の規定に基づき、下記の「森林整備及びその促進に関する費用」等にあてられることとなります。

森林環境税・森林環境譲与税とは

 

森林環境税及び森林環境譲与税について、詳しくは林野庁のホームページをご覧ください。

https://www.rinya.maff.go.jp/j/keikaku/kankyouzei/kankyouzei_jouyozei.html<外部リンク>

 

森林環境譲与税の使途

 勝山市では森林環境譲与税を活用し、下記の事業を実施しました。

譲与税