ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 都市建設課 > 勝山市歴史的まちなみ景観補助金制度

本文

勝山市歴史的まちなみ景観補助金制度

印刷用ページを表示する 更新日:2018年9月19日更新

 伝統行事が色濃く残る本町通りと、国史跡指定を受けている平泉寺町平泉寺およびその他市内各地の伝統的民家などの景観保全を目的に、地域の方の理解と協力を頂き「勝山市歴史的まちなみ景観創出事業補助金制度」を進めております。

 建物の外観を漆喰風や板張りなどの伝統的工法やこれに準じたもので景観に配慮したものや、本町通りでは看板工作物なども景観に配慮し創意工夫をおこなっていただいたものに補助金を交付するものです。

 補助の対象となる区域は市内一円ですが、区域によって補助対象となる建築物及び補助限度額が異なりますので、詳しい内容につきましてはデータライブラリの補助対象区域・補助金の額をご覧下さい。

こんなものが補助対象となります

1つ目の事例、施行前の伝統的民家

伝統的民家(施工前)

1つ目の事例、施行後の伝統的民家

伝統的民家(施工後)

2つ目の事例、施行前の伝統的民家

伝統的民家(施工前)

2つ目の事例、施行後の伝統的民家

伝統的民家(施工後)

3つ目の事例、施行前の一般建築物

一般建築物・看板(施工前)

3つ目の事例、施行後の一般建築物

一般建築物・看板(施工後)

4つ目の事例、施行前の自動販売機

自動販売機(施工前)

4つ目の事例、施行後の自動販売機

自動販売機(施工後)

5つ目の事例、施行前の板塀

板塀(施工前)

5つ目の事例、施行後の板塀

板塀(施工後)

景観補助関係基準・様式1式

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)