ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 勝山市消費者センター > 消費者行政について勝山市長の意思表明

本文

消費者行政について勝山市長の意思表明

印刷用ページを表示する 更新日:2019年5月31日更新

 近年の消費者を取り巻く環境は、人口減少や高齢化の進行、高度情報通信社会

及びグローバル化の進展など大きく変化しており、それに伴って消費者トラブルの内容等も

複雑多様化しています。

 このような中、より一層、安全・安心な住みよい環境づくりが重要であると考えており、

勝山市では基金終了後も引き続き、消費者センターにおける消費生活相談の更なる機能強化を行い、

市広報等による情報提供や出前講座・キャンペーン等による啓発活動を実施し、消費者被害の

未然防止・拡大防止を図ります。

 また、「消費者教育の推進に関する法律」に基づき、平成30年3月に策定した「勝山市消費者教育

推進計画」を遂行してまいります。

 そして、これからも「消費者市民社会」の形成に参画できる消費者の育成を行い、消費者行政の

充実・強化に取り組んでまいります。

 

   令和元年5月

               勝山市長 山岸 正裕