ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 未来創造課 > 北朝鮮による日本人拉致問題について

本文

北朝鮮による日本人拉致問題について

印刷用ページを表示する 更新日:2021年2月19日更新

 1970年代から80年代にかけて、北朝鮮による日本人拉致が多発しました。現在、17名が政府によって拉致被害者として認定されています。また、政府が認定した被害者以外にもいわゆる特定失踪者等の北朝鮮による拉致の可能性を排除できない人たちがいます。

 拉致問題は、一刻も早く解決しなければならない問題です。政府は、すべての拉致被害者の安全確保及び即時帰国のために全力を尽くしています。

政府拉致問題対策本部公式Twitterアカウントが開設

 拉致問題に関する情報をタイムリーに広く発信していくため、政府拉致問題対策本部公式Twitterアカウントが開設されました。

 対策本部では、Youtubeやホームページでも情報発信を行っています。

 Twitter開設チラシ [PDFファイル/376KB]

拉致問題対策本部公式アカウント
媒体名 アカウント
Twitter @rachitaisaku(http://twitter.com/rachitaisaku<外部リンク>)
Youtube /拉致対策動画チャンネル(http://www.youtube.com/c/rachitaichannel<外部リンク>)
ホームページ 政府拉致問題対策本部ホームページ(https://www.rachi.go.jp/<外部リンク>)

ポスターの掲示等にご協力ください

 政府拉致問題対策本部では、団体、個人を問わず、ポスターの掲示やパンフレット等の活用による拉致問題の啓発にご協力いただける方を広く募集しています。

拉致問題啓発活動資料

  • 拉致問題啓発ポスター
  • パンフレット
  • 動画コンテンツ
  • 拉致問題啓発パネル展示セット

 各種資料のご活用にご賛同いただける方は、内閣官房拉致問題対策本部事務局へお申し込みください。

 ポスター等啓発チラシ・申込書 [PDFファイル/1.84MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)