キッズページ~恐竜はどこにいたのか?大地が動き、大陸から勝山へ~

ホーム > キッズページ

オレ様は、恐竜渓谷(けいこく)ふくい勝山ジオパークで
発見されたフクイラプトルという恐竜で、
名前はキング・カツ。

発見された時は、骨だった。

しかし、今日は復元(ふくげん)された格好(かっこう)で、
オレ様が、みんなに勝山ジオパークの見どころを
案内(あんない)するぜ。

フクイラプトルのキング・カツ

フクイラプトルのキング・カツ
©Katsuyama Hokubu junior high school
※このキャラクターが、「恐竜渓谷ふくい勝山ジオパーク」をご案内します。

はじめに、みんなは「ジオパーク」っていう言葉は聞いたことがあるかな?えっ?知らない???そんな知らない人のために説明するぞ!

勝山で見つかる!

オレ様は、福井県立博物館(ふくいけんりつはくぶつかん)学芸員(がくげいいん)さんの手によって(ふたた)地表(ちひょう)に出てきたんだ。
地表に出てきたときは、オレ様が骨になるまでの景色(けしき)とまったく(ちが)っていて(おどろ)いたぜ。
オレ様が骨になるまでは、とても広い大地に大きな川があったんだ。仲間(なかま)といっしょに歩いたり、走ったりしていたんだ。しかし、発見されたところは山にかこまれ、小さな川が流れていた。勝山市北谷町(きただにちょう)杉山(すぎやま)、まさにオレ様が見つかったところだ!

オレ様が見つかった北谷町杉山というところは、見てのとおり、周囲(しゅうい)には杉がたくさんはえている「杉山(すぎやま)」とはうまく名前(なまえ)を付けたものだ。関心するぜ!
昔、ここは農業や林業をしていた人か釣り人しかこなかった場所だ。
正直(しょうじき)、いつ化石になったかは(おぼ)えていない。オレ様の記憶(きおく)が正しければ・・・、

しましま模様の地層(恐竜化石発掘地)

オレ様が眠っていたがけでは、白、黒、茶色などのしましまの地層が見えるぜ!(恐竜化石発掘地)

オレ様が()らしていた大陸は、今よりも暑く、ソテツなどの裸子(らし)植物やシダ植物がもじゃもじゃとはえていた。よく「花は見たことあるか?」って聞かれるけどほかのやつらも見たことがないんじゃないかな?

ある大雨の日、獲物(えもの)を追いかけているとき、大きな川の上流からいきなり土や砂の()じった大水が流れてきたんだ。気が付けば土の中に(ねむ)っていた。その時、死んだんだって感じたよ。

眠ったあとも何回も同じような大洪水(だいこうずい)があって、オレ様のいた地層(ちそう)の上に、フクイサウルスやフクイティタンが流されて、土の中にとじこめられていたよ。あと、羽毛のはえた仲間もいたような気がするが、名前を思い出せないから、思い出したらこんど教えてやるよ。

キング・カツ

福井県勝山市の恐竜たち

ふくい勝山の恐竜たちだ!左から、オレ様、フクイラプトル。おとなしいイグアノドンの仲間のフクイサウルス。首の長い竜のフクイティタン。そして、羽毛(うもう)を持っていた可能性(かのうせい)があるドロマエオサウルス類、まだ名前は付いていない。

しばらくして、オレ様は(ねむ)っている自分の体が動いていることに気付いた。
それは、体が動いているのではなく、今考えたら大地が動いていたんだ。
あとから思うに、大地の動きは「日本海」がつくられていた(ころ)(ちが)いない!

日本列島誕生

大地が動くことによって、「日本海」という海ができたんだ。地球ってすごい!勝山も日本海ができるまでは、大陸にくっついていたんだ。

その大地が動いたことにより、中国大陸の東のはしにいたたくさんのオレ様の仲間は、今ある日本(にほん)列島(れっとう)()らばって眠っている。
だから、となりの白山(はくさん)手取(てどり)(がわ)ジオパークや天草(あまくさ)御所浦(ごしょうら)ジオパークなどからもオレ様の仲間が見つかっているんだ。


オレ様の仲間(なかま)たちは、オレ様と一緒(いっしょ)銀色(ぎんいろ)のタマゴのかたちをしている福井県立恐竜博物館の中の「福井県の恐竜コーナー」に展示(てんじ)されている。
一度と言わない、何度も見に来てくれ!

キング・カツ

福井県の恐竜コーナー

福井県の恐竜コーナー

福井県の恐竜コーナー

福井県立恐竜博物館には、ふくい勝山のスーパースターの恐竜たちや世界の恐竜たちが展示(てんじ)されているぞ!
(福井県立恐竜博物館)(福井県立恐竜博物館)

しましま模様の地層(恐竜化石発掘地)

ハンマーとタガネを使って、いろんな化石を見つけてくれよな。(かつやま恐竜の森)

かつやま恐竜の森の「どきどき恐竜発掘(はっくつ)ランド」では、化石発掘体験(たいけん)を行われているんだ。オレ様の仲間(なかま)の恐竜の化石もときどき見つかるみたいだから、キミたちもがんばって探してみてくれ!化石らしきものが見つかったら、やさしいおねえさんやおにいさんに聞くといいかもよ。

日本海のおかげで雪遊びができる!

さっき、中国大陸から大地が動いてできた日本海の話をしたと思うが、日本海はこの勝山のジオパークにもいろいろな影響(えいきょう)(あた)えている海だ。
冬に雪が()ることもこの日本海が関係しているのを知っているか?
勝山は、オレ様が()らしていた大陸の方向(ほうこう)から吹く(つめ)たい風が、(あたた)かい日本海(にほんかい)暖流(だんりゅう)上を通って高い山々にあたるから雪がふるんだ。

スキージャム勝山

冬は勝山でスノーボードを楽しんでくれよな。オレ様はできないけど…(スキージャム勝山)

勝山のジオパークにあるスキージャム勝山や(かり)(はら)スキー場でスキーやスノーボードができたり、雪あそびができるのも、春夏秋冬の四季(しき)を感じることができるのもこの日本海のおかげだ。知っといたほうがいいぜ。

キング・カツ

勝山にも火山はあった!

そうそう、あと、オレ様が(ねむ)っている間に何度も危ない目に()ったぜ。
もう少しで()けこげそうになったことがあるんだ。
それは勝山のまわりにある経ヶ岳(きょうがたけ)(ほう)(おん)寺山(じさん)取立山(とりたてやま)(あか)兎山(うさぎやま)などといった火山がドカドカと噴火(ふんか)していたことだ。

火山だった勝山を囲む山々

勝山は火山だった山々に囲まれているんだ。

縄文人たちが使ったガラス質安山岩と石器

縄文人たちは、石の性質をよく知っていたんだ。えらい!(黒くてかたい火山の石と石器)

オレ様の寝ているボーンベッドの横を、地下深くから(あつ)いマグマが・・・(あや)うく丸焦(まるこ)げ・・・(あぶ)なかったぜ。
(ほう)(おん)寺山(じさん)のなだらかなスキーゲレンデは、(ほう)(おん)寺山(じさん)から流れ出た溶岩によってできているんだ。知っていたか?大阪(おおさか)名古屋(なごや)から来るスキーヤーは、溶岩(ようがん)でできたゆるい斜面(しゃめん)(すべ)ってるんだ。知らない人がいたら教えてやってくれよ。

今、山の頂上(ちょうじょう)から見えるスキーコースみたいに溶岩(ようがん)も流れていたかもしれない???
その溶岩(ようがん)は、黒く(かた)く、(するど)()れることから、勝山の人たちの先祖(せんぞ)である(じょう)文人(もんじん)たちはそれを加工(かこう)してやじりやナイフなどに使っていたんだ。


次に、大きな山くずれと大きな岩の話をするぜ。
平泉(へいせん)寺町(じちょう)大矢谷(おおやだに)の白山神社には、高さ20mを()えるとても大きな岩のかたまりがあるんだ。

キング・カツ

火山がくずれて流れてきた巨大な岩(大矢谷白山神社)

この巨大な岩の重さは、なんとスペースシャトル3機分あるらしい!?(大矢谷白山神社)

この巨大(きょだい)な岩は、もともとは経ヶ岳(きょうがたけ)という山の一部だったものが、地震(じしん)か何かが原因(げんいん)で、山の頂上(ちょうじょう)からくずれてきたものなんだ。
その現象(げんしょう)を「(いわ)なだれ」とか「岩屑(がんせつ)なだれ」っていうから(おぼ)えておくといいぜ。

九頭竜川によってつくられた地形の上で生活する勝山の人びと

最後に、勝山の「まちなか」のことを紹介(しょうかい)するぜ。
勝山のジオパークには、なんで九頭(くず)竜川(りゅうがわ)に向かって坂道が多いのか知っているか?

九頭竜川がつくったがけ(七里壁)

オレ様の全長4.2mより高い九頭竜川がつくったがけ(七里壁(しちりかべ)

それは、九頭(くず)竜川(りゅうがわ)のはたらきと土地の()り上がりによってつくられたもので、平らな面とがけが順番(じゅんばん)(つづ)階段(かいだん)のようになっている。これが「河岸(かがん)段丘(だんきゅう) ( )だ!
九頭(くず)平行(へいこう)にのびているがけは、勝山の人からは「七里壁(しちりかべ)」って()(なる)鹿()というところまで、途切れ途切れ( )(やく)20キロメートルも続いている。おどろきだぜ!

勝山の河岸段丘の断面

勝山の人たちは階段(かいだん)のような地形(ちけい)の上に住んでいるんだ!

勝山の人たちは、大昔から河岸(かがん)段丘(だんきゅう)という地形(ちけい)の上で、生活をしているんだ。
殿(との)さまがいた江戸(えど)時代(じだい)(ころ)には、七里壁(しちりかべ)の上の平らな面にお殿(との)さまのお城、下の平らな面に商人(しょうにん)(てら)などが建てられ、まちづくりにも利用されていたがけなんだ。

左義長まつり

見ているだけでも楽しそうな祭だ!()()(ちょう)まつり。

毎年2月最終(さいしゅう)(しゅう)に行われる「勝山()()(ちょう)まつり」というまつりがあるけど、最初はこの七里壁(しちりかべ)の下の平らな面で町人の人だけが行っていたまつりなんだ。

キング・カツ

その河岸(かがん)段丘(だんきゅう)と関係するもので、勝山にはまちの中に、水が()き出ているところがある。
みんなからは、「大清水(おおしょうず)」と()ばれている。

自然の冷蔵庫(大清水)

今でもヤカンを冷やしている大清水(おおしょうず)自然(しぜん)冷蔵庫(れいぞうこ)だ。(大清水(おおしょうず)

河岸(かがん)段丘(だんきゅう)の上の(かい)の平らな面からしみ()んでくる雨水(あまみず)や川の水ががけを(つた)って、その階段(かいだん)のような地形(ちけい)の一番低い平らな面のがけのところから()き出ているものだ。
昔は、あちこちにこのような湧水(わきみず)があって生活用水やお酒をつくる水として利用されていたんだよ。
夏は(つめ)たく、冬は(あたた)かい水。今もスイカやジュース、ヤカンに入ったお茶を()やしている人たちがいるぜ。

勝山のジオパークは、「恐竜はどこにいたのか?大地が動き、大陸から勝山へ」を大きなテーマにしていて、今日、みんなを案内(あんない)した場所のほかにも、オレ様が中国大陸で暮らしていたころから、勝山で発見されるまでの間の地球の活動や勝山の人たちの歴史などが学べるいろいろな()どころや(たの)しめるところがあるから、一度、ジオツアーに参加(さんか)するといいぜ!

ちなみに、オレ様は、福井(ふくい)県立(けんりつ)恐竜(きょうりゅう)博物館(はくぶつかん)には展示(てんじ)されていないから(さが)さないでくれ!
では、また()おうぜ!

では、また会おうぜ!

※みなさんを案内(あんない)してくれた恐竜(きょうりゅう)キャラクターは、勝山市立(かつやましりつ)北部中学校(ほくぶちゅうがっこう)生徒(せいと)さんが作成(さくせい)した「キング・カツ((かつ))」というキャラクターです。

Copyright © 2010 - 2017 Dinosaur Valley Fukui Katsuyama Geopark Promotion Council. All Rights Reserved.